ここから本文です

家事の時短につながる、家庭内ルール10か条

9/23(月) 15:10配信

ELLE ONLINE

シンプルなルールで、片付けにかかる時間を短縮!

このルールは簡単すぎるかもしれない。だけど、家族やパートナー、ルームメイトがこれに従ってくれたら、言い争いも少なくなるし、掃除にかかる時間も短くなるし、家中みんなの生活が向上するはずなので、ぜひ試してみて欲しい。

ルール1

洗濯機に洗濯物を入れた人は、責任を持ってそれを取り出し、干すこと(あるいは乾燥機に入れること)。

ルール2

洗濯機から中身を取り出した人は、洗剤を入れる引き出し部分をきれいにし、洗濯機のドアは開け放って風を通すこと。

ルール3

掃除機は、かけたらごみを取り出して、空にしておくこと。

ルール4

乾燥機から洗濯物を取り出す人は、水を捨てて(コンデンサー式の場合)、フィルターをきれいにすること。綿ごみがたまると、とても危険なことに!

ルール5

ごみ箱を空にした人は、新しいごみ袋を取り付けておくこと。

ルール6

食事で使い終わった皿やカトラリーは、ゆすいでそのまま食洗機に入れること。洗い終わった食器類がたくさん食洗機に入っていたら、全部取り出して!

ルール7

自分の機械類や充電器は自分で管理。借りたときは、端末やプラグを使い終わったら、もとあった場所に戻すこと。

ルール8

ジャムなどの瓶詰を使い終わった人は、瓶は捨てるかリサイクルして、瓶詰は買い物リストに書いておくこと。

ルール9

最後に調理台で食事の支度をした人は、作業後にそこを拭くこともその人の仕事。同様に、電子レンジの中に何かこぼしたら、拭くように。

ルール10

浴室は使う前と同じ状態に! 浴室を使う人は、その後にシャワーで壁を流し、スクイージーでタイルやスクリーンの水滴を落とすこと。トイレットペーパーを使い切

original text : GHI TEAM translation : Rubicon Solutions, Inc.

※この記事は、海外のサイト UK版『Good Housekeeping』で掲載されたものの翻訳版です。

ELLE DECOR

最終更新:9/23(月) 15:10
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事