ここから本文です

コンビニはこう使うのが正解! 主婦が知っておきたい節約のコツって?

9/23(月) 12:32配信

ファイナンシャルフィールド

皆さんはふだん、どのくらいコンビニエンスストアを利用されていますか?コンビニに行くと、つい余計なものまで買ってしまうといった声も聞きますし、あまり節約のイメージはないかもしれません。

でも、ある調査によると、価格にシビアな主婦層も意外とコンビニをよく利用しているようです。

今回はコンビニを多く利用する人でも、工夫次第で家計を守ることができる節約術について考えてみたいと思います。

主婦層はどのくらいコンビニを利用している?

OKBグループのシンクタンク、株式会社 OKB総研の行った「主婦の消費行動に関するアンケート調査」によると、「どこで買い物をするか」という主婦への質問に、「スーパー」と答えた主婦がやはり最も多く、その次に「コンビニエンスストア」で、5.1日に1度の頻度で利用しているということが分かっています。

例えば、最近のコンビニのお総菜などは小分けになっていて味も良く、忙しい主婦にも使い勝手がいいのもよく分かります。

商品の購入以外でも、ATMの利用や公共料金の支払い、宅配便の発着、あるいはネットショッピングの支払いなど、消費者の多様なニーズをくみ取ったきめ細かなサービスは主婦にも支持されているのでしょう。

これはしちゃダメ。家計のために避けたいことは?

何かと便利なコンビニですが、家計の節約という観点から避けたいことはどういったことでしょうか。

・軽減税率対象外のイートインは使わない
いよいよ10月1日から軽減税率の制度が始まります。

コンビニで飲食料品を買って家に持ち帰れば消費税は8%ですが、イートインコーナーで飲食すると10%が適用されます。
喫茶店代わりなどに利用するのでなければ、できるだけ持ち帰って飲食したいですね。

・現金は使わない
コンビニに限りませんが、現金での支払いはできるだけ避けましょう。

現金支払いにすると、クレジットカードのポイントやプリペイドカードなどのチャージによるポイント二重取りができませんのでもったいないですよね。

ポイントがつけば現金として使える他、クレジットカードのポイント還元が1%以上つくカード会社もありますし、プリペイドカードなどでのポイントの二重取り、その他のキャンペーンなどと組み合わせると2%以上ポイントが貯まることもあります。

1/2ページ

最終更新:9/23(月) 12:32
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事