ここから本文です

熟練指揮官の読み的中、強豪福井工大福井に勝利

9/23(月) 9:06配信

福井新聞ONLINE

 【秋の北信越地区高校野球福井県大会2回戦 羽水5-2福井工大福井】初回、羽水の攻撃は3人で終わった。だが、これで狙いが明確になった。13球のうち変化球を10球も投じた相手の攻略法について、八力昌輝監督は指示を出した。「浮いた変化球を確実に仕留めよう」

 熟練指揮官の読みは的中した。1点を追う二回、先頭の鳥山優太郎が高めのカーブを右前に運ぶと岩佐将汰も右前打で続いた。さらに向海悠登も変化球を捉え右翼線二塁打。右打者がいずれも逆方向にはじき返し、瞬く間に同点。仕上げは9番寺岡寛太郎。「前の打者がしっかりと引きつけて打っていた。自分も続くだけ」と甘く入った変化球を逆方向への2点適時打。4安打を集め一気に主導権を握った。

 最終的に9安打中8本が逆方向への打球。「特別意識はない。変化球を狙った結果。監督の指示を徹底できた」と川崎晟大主将。中押しにダメ押しと点が欲しいところで打ち、守ってはエース向を中心に締めるべき場面で粘り強く守る。シード校のお株を奪うような野球で勝利をつかみ3年ぶりの8強入りを決めた。

 「メンタル的に弱い部分がある。これで自信をつけてくれれば」と指揮官。昨秋と今春の王者を破った次戦の相手は前年準優勝の金津。難敵が続くが川崎主将は「狙うは優勝。そのためにも一戦一戦に集中したい」と力を込めた。

最終更新:9/23(月) 9:06
福井新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事