ここから本文です

【台風15号】ゴルフ場倒壊、鉄柱撤去見通し立たず 元の生活まで何年…住民「何らかの補償を」

9/23(月) 10:09配信

千葉日報オンライン

 台風15号の暴風により、千葉県内では多くの建物が損壊した。複数の住宅にゴルフ練習場の鉄柱が倒れ、けが人も出た市原市の事故。発生から23日で2週間となるが、いまだに鉄柱は撤去されず住宅の再建に向けた見通しは立っていない。

 避難生活を余儀なくされながらも、荷物を運び出すために自宅と避難先を行き来する住民は「この先どうなるか想像がつかない。元の暮らしに戻るまで何年もかかるのでは…」と不安といらだちを募らせている。

 練習場は同市五井地区の閑静な住宅街にある。鉄柱は強風にあおられて9日未明に倒れたとみられ、多くの住宅が被害を受けた。約130メートルにわたって道路を遮り、基礎部分がむき出しになっている箇所も目立った。

 家族2人と市内の両親宅に避難している男性会社員(61)の自宅屋根には、鉄柱2本が倒れた。雨風をしのぐブルーシートも掛けられず、室内は水浸しの状態になっているという。家財道具も使い物にならなくなった。練習場側には「ひどい状況なのに知らんぷりされていると感じる」と憤る。

 住民らによると、練習場側は説明会などを実施し、鉄柱を撤去する意向を示しているという。しかし、情報が錯綜(さくそう)していて「説明が二転三転する」(住民ら)。

 20代の男性は自室に鉄柱が突っ込んで、室内に入ることもできない。荷物も取り出せず「自然災害だとしても管理が甘かったと思うし、何らかの補償が必要。せめて行政からの手だてがあれば」とため息をついた。

 倒れた鉄柱が徐々に住宅を押しつぶしていると感じる住民もいて「ミシミシ」という音も時折、聞こえるという。片付けのために仕事を休み続けている女性(57)は「近所の人からも日に日に鉄柱が下がっていると心配される。家がさらに壊れる前に少しでも荷物を運び出すしかない」と肩を落とした。

 けがをした住民もいた。寝ていた20代女性に鉄柱が直撃。長時間がれきに挟まれたままで、室内に雨水が流れ込み低体温症にもなった。50代の父親は「娘はショックを受けて、台風について全く話したがらない」と、事故の影響を懸念する。一方で「困っている被災者はほかにもたくさんいる。一緒に生活を再建していきたい」とも話した。

 練習場の経営者は20日、千葉日報社の取材に「今回の対応についての説明は、住民を含めて弁護士を通すように言われている。鉄柱を撤去する業者を探しており、とにかく早くやりたいと思っている」と説明した。

最終更新:9/24(火) 12:10
千葉日報オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事