ここから本文です

県岐阜商、延長制し4年ぶり東海切符!“鍛治舎カラー“浸透、監督就任後初の出場

9/23(月) 0:35配信

中日スポーツ

◇22日 秋季高校野球・岐阜県大会準決勝
県岐阜商8―6大垣西

 県岐阜商と大垣商が決勝に進出し、秋季東海大会(10月26、27、11月2、3日、岐阜・長良川、大垣北公園)出場を決めた。

 県岐阜商は一時4点をリードされたが、全く動じなかった。鍛治舎巧監督(68)のタクトに導かれて9回に同点においつくと、延長11回に途中出場の宇佐美佑典内野手(1年)の左前適時打などで2点を勝ち越し。4年ぶりの秋季東海大会出場を引き寄せた。

 鍛治舎監督は昨年3月の就任以来、センバツ出場の重要参考資料となる秋の出場は初めて。「チーム力が一歩一歩上がってきたということでしょう」と手応えを語った。新チームは地区大会を含めて公式戦負けなし。限られた練習時間を効率的に使って鍛える“鍛治舎カラー”が浸透し「戦い方の引き出しが昨秋より増えて、どんな展開でも勝てるようになってきた」と自信をみせられるようになった。

 それでも手は緩めない。「今日は序盤で相手投手を楽に投げさせた。そういう課題は直さないと」。来春のセンバツを狙い、総合力を高めていく。(川越亮太)

最終更新:9/29(日) 23:14
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事