ここから本文です

お湯を注ぐだけで完成!多忙な日のごはん作りを救ってくれる、具沢山の「味噌玉」はこんなふうに…

9/23(月) 21:40配信

kufura

こんにちは。1歳半の男の子ママ・エディターの佐々木陽子です。働くママにとって毎日の食事を考えることって、悩みの種じゃないですか? もともと料理好きの私でも、仕事をしながらで、さらに「きちんと作らないと」という義務感が重なると 、これがもう、かなりのストレスです(笑)。

とくに夕飯のことを考えるのが大変。そしてここにきて、息子(1歳半)の野菜嫌いがはじまった模様で……(泣)。毎日の献立を考えるのがとっても大変になってきました。

味噌汁さえあればなんとかなる!

我が家では忙しい日は割り切って一汁一菜! でも、野菜嫌いの子どもにも食べてもらえるおかずをつくるのって、結構難しいですよね。細かく刻んだり、煮込んだり……。野菜をたっぷり使ったカレーやミートソースなどは、作るのにも時間がかかるから、仕事があると毎日というわけにはいきません。

そこでいちばん手っ取り早いのが具沢山の味噌汁。さいわいにも、息子はお味噌汁が大好き! 野菜もお味噌汁の具にすれば食べてくれるということもあり、我が家では登場頻度が高いんです。でも、帰宅して出汁で野菜に火を通して、味噌を溶いて、という時間がどうにも取れないときも多くて。そんなときは「味噌玉」をつくっておけば、お湯を注ぐだけでお味噌汁が完成!  圧倒的に時短が叶うんです。

使わなくなっていた離乳食トレイを再活用

そこで活用しているのが、離乳食期にとてもお世話になった、「リッチェル」の離乳食トレイを使うこと。こちら、離乳食期が終わって以来、キッチンの片隅で大量に眠っていて、どうしようか、と思っていたものです。味噌玉はラップで丸くつくるのが基本ですが、製氷皿を使うレシピも見かけて。でもだったら、この離乳食用のトレイならコンパクトだし便利なんじゃ?と思って使ってみたところ、大正解でした!

我が家の味噌玉のつくりかた

味噌(約200g)に、だしパック(1つ・私は茅乃舎を使用)を破ってまぜるだけで味噌玉のベースが完成!

これに乾物や、刻んでレンチンした野菜などを組み合わせて、冷凍しておけばOKです。

1/2ページ

最終更新:9/23(月) 21:40
kufura

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい