ここから本文です

バルサ左SBアルバの代役ジュニオル・フィルポ、いきなり失点に関与...名誉挽回なるか

9/23(月) 7:20配信

SPORT.es

FCバルセロナの左SBジュニオル・フィルポのグラナダ戦の入りは良くなかった。


グラナダの開始2分のゴールは同DFから生まれたものだった。
そのプレーはラングレがプエルタスとハイボールを競りに行ったところから始まった。

リーグ最多失点のバルサ 歴代ワーストに迫る悲惨な記録連発

ラングレはその競り合いに敗れ、ボールが後方にこぼれたところにジュニオルがいたが、ジュニオルはソルダードに簡単にボールを奪われてしまう。

そして、ソルダードは右サイドを駆け上がってきたプエルタスにパスを送り、プエルタスがそのままセンタリングをあげた。
そのボールはピケに当たり、不運にもゴール方向に飛んでいくと、アゼースが頭でゴールネットに押し込んだ。


ジュニオルは負傷中のジョルディ・アルバの代わりに先発していたが、非常に厳しい試合の入りとなった。


試合は最終的にグラナダがホームでバルサを2-0で下した。


いずれにしても、筋肉系の怪我を抱えるアルバは1~2週間、ピッチを離れるため、ジュニオルは名誉挽回するチャンスを得るだろう。


ジュニオルは今シーズンここまでほとんど出場機会を得ていなかったため、このチャンスは彼にとって今後を左右する重要なテストとなる。

最終更新:9/23(月) 7:20
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事