ここから本文です

親しみやすさNo.1。デンマーク王室の若きプリンセス&プリンス【フレデリック皇太子ファミリー編】

9/23(月) 20:05配信

ELLE ONLINE

ヨーロッパ最古の王室の一つでありながら、気さくな雰囲気で国民からも親しまれるデンマーク王室。現国王マルグレーテ2世の子であるフレデリック皇太子とヨアキム王子のそれぞれ4人の子どもたちは、大らかな両親たちのもと順調にスクスクと成長している。

【写真】自然体の笑顔がキュート。デンマーク王室イザベラ王女の成長アルバム

今回はフレデリック皇太子一家に注目。王位継承順位第2位として頼もしい表情を見せるようになったクリスチャン王子をはじめとした、4人のプリンセス&プリンスをご紹介。

フレデリック皇太子&メアリー妃夫妻ファミリー

マルグレーテ2世国王の長子で、現在推定相続人として王位継承権第1位のフレデリック皇太子とその妻メアリー妃。2人の間にはクリスチャン王子、イザベラ王女、ヴィンセント王子、ヨセフィーヌ王女の2男2女がいる。メアリー妃はデンマークから遠く離れたオーストラリア出身。シドニー・オリンピックの年に、シドニー市内のホテルのバーでそれと気付かずに会話した相手がフレデリック皇太子だったというのは有名な話だ。運命的な出会いのあと、2人は真剣交際を経て2004年にめでたくゴールイン。まさに現代のシンデレラストーリーだ。

クリスチャン王子

クリスチャン・ヴァルデマー・アンリ・ジョン王子はフレデリック皇太子とメアリー妃の長子として、2005年10月15日に誕生した。王位継承順位は父フレデリック皇太子に次いで第2位。将来は王の座に就くことが約束されている。デンマーク王室では王位を継ぐ者は代々クリスチャンかフレデリックの名を受けるしきたりだ。

王子の洗礼式は翌年1月に執り行われた。未来の国王であるクリスチャン王子の洗礼式には、デンマーク王室のメンバーはもちろん、名付け親となったスウェーデンのヴィクトリア王太子やノルウェーのホーコン王太子夫妻(写真)のほかベルギーの現国王であるフィリップ皇太子夫妻、ギリシャのマリー・シャンタル妃など欧州各国のロイヤルが集結した。

早いもので来月には14歳となるクリスチャン王子。近影からは、幼さが抜けて精悍な若者へと成長を遂げているのが分かる。6月には父フレデリック皇太子がホストを務めるランニングイベント「Royal Run」を兄弟たちと一緒に走り、椎間板ヘルニアのため走行を断念した父フレデリック皇太子に変わって率先して王室の役目を果たした。

1/2ページ

最終更新:9/23(月) 20:05
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事