ここから本文です

ラグビーワールドカップ、食料の持ち込みがOKに 禁止規制の一部を緩和

9/23(月) 13:19配信

ハフポスト日本版

ラグビーワールドカップ組織委員会は9月23日、禁止していた会場への飲食料の持ち込みについて、個人で消費できる程度の量の食料のみを対象に認めると発表した。

組織委によると、20日の開幕戦以降、東京など一部の試合会場の売店で商品が売り切れとなり、不満の声が上がっていたことを受けて、規制の一部緩和を決めたという。

9月23日以降の全試合で、個人で消費できる程度の量に限って、食料の持ち込みが可能となる。

飲料は引き続き持ち込み禁止だが、薬の服用に必要といった理由で水筒で持参した場合に、可燃物ではないことを確認した上で、持ち込みを認めるという。

飲用については、売店で購入するか、各会場に設置されている無料の給水所を利用してほしいと呼びかけている。

組織委は食料を認めた理由について「ご来場者の需要に応えることができない状況が発生いたしました。今後も同様の状況が発生する可能性があると判断し、スタジアムを訪れる皆様に、より快適な観戦環境を提供するため」と説明している。

ラグビーワールドカップは過去の大会でも、セキュリティ上の理由から会場への飲食料の持ち込みを禁止していた。

Rio Hamada

最終更新:9/23(月) 13:19
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事