ここから本文です

福島県産有機野菜の魅力発信 郡山で「マルシェ」調理実演や商談会

9/23(月) 11:23配信

福島民友新聞

 県は18日、郡山市のビッグパレットふくしまで「オーガニックふくしまマルシェ」を開き、県産オーガニック農産物の魅力を紹介した。

 東京五輪野球・ソフトボール競技の県内開催に伴い、オーガニック食材に関心の高い外国人観光客に県産農産物の魅力を発信するため、初めて開催。県内飲食店の関係者や生産者ら約600人が来場した。

 コメや野菜、えごま油などのオーガニック農産物を生産する11事業者が出展し、商談会を開いた。有機JAS認証に関するセミナーや、ふくしま応援シェフ松崎博一さんによるオーガニック農産物の調理実演も行われた。

 生産者や宿泊施設、飲食店の関係者らによるパネル討論やみそ玉づくり体験のコーナーも人気を集めていた。

最終更新:9/23(月) 11:23
福島民友新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事