ここから本文です

女子インフィニティリーグで杉本恵が勝ち点5でトップに立つ【9・22 修斗】

9/23(月) 2:20配信

TOKYO HEADLINE WEB

 プロフェッショナル修斗公式戦「SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR 第7戦」(9月22日、東京・後楽園ホール)で「Women'sSHOOTO-50kgインフィニティリーグ2019」の2試合が行われた。

 ここまで1試合ずつを消化し杉本恵と北野きゅうが勝ち点2を獲得。この日はこの2人が対戦した。

 1R、杉本はスイッチしながらパンチの距離を探る。北野は前蹴りを放って牽制。しかしともに手が出ず、消極的ファイトにレフェリーから注意を受ける。再開後、杉本がパンチのフェイントからタックルでテイクダウンを奪う。北野はガードに入れるが、杉本はヒジと鉄槌を落としていく。

 杉本がサイドポジションから首を取りに行くが、このすきに北野は立ち上がる。杉本はなおもケージに押し込みヒザをこつこつと当てていく。杉本は再度テイクダウン狙うが、北野は許さない。倒せないと見た杉本はパンチの連打からまた押し込み、ボディーブローの連打。北野はケージ沿いに逃げながら引き込み、杉本の右足をキャッチ。上からパンチを放つ杉本に対し北野が下からヒールホールドを狙ったところでラウンド終了のホーンが鳴る。

 2Rは北野がパンチで仕掛けると、杉本もパンチで迎撃。そしてタックルで押し込むと、両足タックルでテイクダウンに成功。杉本がパウンドを落とすと北野はもぐるが、杉本は逆にサイドポジションに移行し右のパンチを連打。なんとか脱出を図る北野だったが、杉本の抑え込みは強力で逃れることができず、レフェリーが試合を止めた。

 2Rでの決着で杉本は勝ち点3を獲得し計5点としてリーグ戦のトップに立った。

 ともに勝ち点0の原田よきと廣瀬里美の一戦は1Rから互いに打撃の距離を探り合う展開に。原田が右ストレート、右ローをコツコツと当てていく。そこから原田が組み付きケージに押し込むが廣瀬はしのいで、再び打撃の攻防に。廣瀬も右ローを返すが、踏み込みが甘く目立ったダメージは与えられない。

 2R開始早々に原田が組み付きケージに押し込むが廣瀬は体勢を入れ替え、パンチの連打を放っていく。しかし原田はすぐに足を使って回避。体勢を立て直すと再び組み付き押し込みテイクダウンを狙う。

 ここはしのいだ廣瀬。再びスタンドの打撃の攻防となるが、廣瀬の右ローに合わせ原田がタックル。ケージに押し込んでいく。しのぐ廣瀬だったが、原田が横について足をかけテイクダウンに成功。原田はサイドポジションを狙うが廣瀬が亀の状態に。原田はがぶるも廣瀬はしのぎ立ちあがる。しかし原田は組み付いたままでケージに押し込みヒザを放っていく。体勢を入れ替えようとする廣瀬だったが、原田は許さない。

 残り10秒、原田は離れパンチを狙うも、ともに有効な打撃を出すことはできず、試合終了のホーン。

 ジャッジ3者とも20-18で原田を支持。原田は勝ち点2を獲得した。

最終更新:9/23(月) 2:20
TOKYO HEADLINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事