ここから本文です

世界王者大野が宝刀伝授 北九州で柔道教室

9/23(月) 7:33配信

西日本スポーツ

 柔道男子73キロ級のリオデジャネイロ五輪金メダリストで8月の世界選手権も制した大野将平(旭化成)が22日、北九州市立総合体育館で柔道教室を開き、小学生から大学生まで約300人に“必殺技”でもある大外刈りなどのこつを教えた。昨年70周年を迎えた北九州柔道会の記念事業。

【写真】母校の天理大で練習を公開し、取材に応じる大野将平=奈良県天理市

 大野にとって同市は祖母が住むゆかりの地。技を実演しながら大外刈りは「相手が下がっても掛けられるよう、1歩目を大きく踏み出すことが大事」などと指導した。子どもたちと1分間ずつの乱取りも行い、内股も披露。「全ての技に共通するのは、根拠がなくても自信を持って思い切り投げること」と伝えた。 (末継智章)

西日本スポーツ

最終更新:9/23(月) 7:33
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事