ここから本文です

好調メドヴェデフ 今季3勝目「幸せで感情隠すの大変」<男子テニス>

9/23(月) 12:14配信

tennis365.net

男子テニスのサンクトペテルブルク・オープン(ロシア/サンクトペテルブルク、室内ハード、ATP250)は22日、シングルス決勝が行われ、第1シードのD・メドヴェデフ(ロシア)が第4シードのB・チョリッチ(クロアチア)を6-3, 6-1のストレートで破り、今季3勝目を飾った。

【錦織に「負けたと思った」とメドヴェデフ】

今年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で準優勝を飾ったメドヴェデフはチョリッチから4度のブレークに成功。1度もブレークチャンスを与えずに1時間12分でキャリア6度目のタイトルを手にした。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトでメドヴェデフのコメントを掲載しており「素晴らしい気分。シンシナティの後、勝った時に感情を見せないようにするのが僕のスタイルになるんだと決めた。自分自身面白いと思うよ。そしてそれが今日僕がやったことだけれど、今はとてつもなく幸せだから感情を隠すのがすごく大変だ」と喜びを語った。

同大会の地元ロシア勢の優勝は2004年のM・ユーズニー(ロシア)以来15年ぶり。

また、世界ランク4位のメドヴェデフは11月に行われるNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)への初出場が確定している。

一方敗れたチョリッチは昨年のノベンティ・ オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)以来3度目のタイトル獲得とはならなかった。

最終更新:9/23(月) 12:14
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事