ここから本文です

【秋季鹿児島県大会 展望】神村学園軸に優勝争い? レベルの高い上位争いに期待

9/23(月) 9:29配信

高校野球ドットコム

 第145回九州地区高校野球大会鹿児島県予選は9月21日に開幕予定だったが、荒天が予想されるため23日からに変更となった。10月7日まで(※準決勝前日は休養日)、鹿児島市の平和リース、鴨池市民、両球場で秋の九州大会を目指した熱戦が繰り広げられる。優勝、準優勝校が来春のセンバツ甲子園の重要資料となる九州大会(10月19日―24日・佐賀)に出場する。

 出場は連合6チームを含む61チーム73校。抽選会では、8月にあった各地区大会の優勝校、鹿児島実、鹿児島玉龍、鹿児島南、神村学園、川内商工、加治木、鹿屋中央、大島(※鹿児島市内は3位校まで、大島地区と熊毛地区は1年交代でシードになる)の8校がシードされた。

 夏の甲子園出場校・神村学園が夏を経験している主力選手が残っており、優勝争いの本命に挙げられるが、新チーム最初の県大会はどこも実力未知数でどこが勝ち上がってもおかしくない。神村学園だけでなく、夏の主力選手だった1、2年生が残っているチームも多く、彼らが順調に成長して力を発揮すれば、レベルの高い上位争いが期待できそう。組み合わせを4つのパートに分けて大会の見どころを探ってみた。

【神村学園―川内商工】
 神村学園は攻守の要・古川 朋樹主将、エース田中 瞬太朗、4番・桑原 秀侍、5番・田中 大陸ら夏の甲子園を経験した2年生が豊富に残っている。前チームからの経験も豊富で各チームが優勝候補の筆頭でマークする。ただこのパートでは組み合わせの下に鹿児島情報、鹿児島、れいめい、鹿児島城西と名だたる強豪私学が名を連ね、序盤から気が抜けない。

 打の主力・赤尾颯太、花田清志、宝満達哉を擁するれいめいと投の主力・八方悠介、前野将輝を擁する鹿児島城西の対戦は初戦ナンバーワンの好カードだ。北薩大会を制した川内商工はれいめい、川内と強豪を破ってシードを勝ち取り、投打に高い力を秘める。好投手を擁する加治木工との初戦は注目カード。鹿児島情報も鹿児島市内大会は初戦敗退だったが、潜在能力は高いといわれる。

【鹿児島南―鹿児島玉龍】
 飛び抜けた力のあるチームはなく、どこか勝ち上がるか読みづらいパートだ。鹿児島市内大会準優勝の鹿児島玉龍は準々決勝・池田戦で終盤逆転勝ちするなど勝負強さがある。2年生は少ないが、リードオフマン・荒川虎太郎、4番・永井克幸ら前チームからの経験豊富なメンバーが多い。1年生投手陣の踏ん張りが一つのカギになりそう。

 市内3位の鹿児島南も序盤から接戦を勝ち抜き、3位決定戦は鹿児島工に1点差で競り勝った。攻守にまとまりがある。出水中央との初戦に注目したい。伝統校・樟南、大隅地区の雄・尚志館、好投手を擁する鶴丸なども、このパートに名を連ねる。枕崎―鹿児島商戦も初戦の好カードに挙げておきたい。

1/2ページ

最終更新:9/23(月) 9:29
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事