ここから本文です

武豊「距離も問題ない」チュウワノキセキが差し切りV!

9/23(月) 7:50配信

競馬のおはなし

 9月22日、阪神競馬場で行われた第5レース・2歳新馬戦で、武豊騎乗のチュウワノキセキが見事な差し切りを決めた。鞍上の武豊騎手は、「キンシャサの仔ですが距離も問題ない」と同馬の将来性に期待を寄せた。

1着 チュウワノキセキ
武豊騎手
「調教通りのいい走りでした。キンシャサの仔ですが、距離も問題ないと思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 22日、阪神競馬場で行われた5R・2歳新馬戦(芝2000m)で5番人気、武豊騎乗、チュウワノキセキ(牡2・栗東・大久保龍志・担当装蹄師/西内荘)が快勝した。1.1/4馬身差の2着にビットクラッシャー(牡2・栗東・須貝尚介)、3着に1番人気のアラジンバローズ(牡2・栗東・中内田充正)が入った。勝ちタイムは2:01.9(良)。

 2番人気で和田竜二騎乗、ラルナブリラーレ(牝2・栗東・石坂正)は、4着敗退。

武豊騎手は本日新馬戦を連勝

 武豊騎乗の5番人気、チュウワノキセキが後方から伸びて見事に差し切りを決めた。スタートから後方3番手付近のポジションを取り前半はじっくりと進め、勝負どころから大外をグングン上がっていった。抜群の行きっぷりで直線に向くと外から鋭く伸びて坂上で先頭、見事な差し切りを決めた。

チュウワノキセキ 1戦1勝
(牡2・栗東・大久保龍志・担当装蹄師/西内荘)
父:キンシャサノキセキ
母:ミスティックリップス
母父:Generous
馬主:中西忍
生産者:ノーザンファーム

最終更新:9/23(月) 7:50
競馬のおはなし

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事