ここから本文です

成績不振のエスパニョールの次監督候補にキケ・セティエン挙がる

9/23(月) 11:20配信

SPORT.es

キケ・セティエンはバルセロナにいる。サンタンデール出身の同指揮官は、ベティスとの契約を終了した後フリーであるが、エスパニョールがレアル・ソシエダに敗れ、降格ポジションにあるブランキアズル(白と青の意味で、エスパニョールの愛称)が次節のセルタ戦に敗れた場合、同クラブ指揮官のダビド・ガジェゴが解任される可能性がある。

独代表SBキミッヒ、シュテーゲンを理解もノイアーがNo1

セティエンは数日間バルセロナにいる。彼が同地に来た理由はよく知られており、UEサン・アンドレウにてFWをプレーする息子に会いに来たのだ。ラロ・セティエンは現地時間の22日、サンツ相手に勝利を挙げるべく、同チーム最後のゴールを決めている(2-4)。

レアルソシエダに対するエスパニョールの敗北は、現エスパニョール監督に衝撃を与えた。ファンは非常に批判的であり、すでに彼の退任を求める声があがっている。その代わりとなる次監督候補として、ハビ・グラシア、パブロ・マチン、そしてもちろんキケ・セティエンの名前もすでに出ている。

SPORT

最終更新:9/23(月) 11:59
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事