ここから本文です

【疲れ目がパッチリ!】人気ヘアメークさんがモデルに施すマル秘技

9/23(月) 12:20配信

magacol

いつもパーフェクトにかわいいモデルたちも、前日深夜まで仕事だったなどでコンディションがよくないまま撮影に来ることも。そんなとき、目ヂカラ復活のために、実力派ヘアメークさんがやっていることを教えてもらいました。

ツボ押しやマッサージはもちろん、髪を引っ張る、耳にゴムをするという人も!?

■川村友子さんは…

老廃物をやさしく流しクリアな目に

「肩から肩甲骨、首筋から首根をマッサージして体の緊張を流してから、スキンケア時に乳液かクリームで顔をやさしく指圧。顔の骨格を確認しながら、おでこ、こめかみ、眉、こめかみ、眉間、こめかみ、鼻横、頬骨の下、こめかみ、唇の上、顎、首筋、デコルテ、背中、腕、首の付け根、頭のてっぺん、耳の横の順でツボを押して」
眉の骨のツボ、鼻の横のツボ、顎にたまる老廃物を流します。使う乳液やクリームは、滑りがよければいつもスキンケアに使っているものでOK。

■笹本恭平さん(ilumini)は…

デンキバリブラシでリフトアップ

「眠たげにショボショボした目でモデルがやってきたら、メーク前にデンキバリブラシを。生え際とおでこのあたりに重点的に当てると、ほぐれて血行がアップし、目がぱっちり開きます。頭皮のコリなどで額が下がってきてまぶたが重くなっているのも、このテクニックで解消できます」
32本のピンヘッドから発する低周波がピンポイントにアプローチ。エレクトロン エブリワン ELECTRIC BARI BRUSH[デンキバリブラシ]¥180,000(GMコーポレーション)

■中山友恵さんは…

”引っ張り”マッサージで刺激を

「まず、おでこからネープ(首筋の生え際)まで、頭の中央のラインに手ぐしを。ちょっと強めに頭皮にテンションをかけて、10回くらい。その後、ランダムに髪の毛の間に指を差し入れて手をにぎり、髪をぎゅっと引っ張ります。毛根を浮かせるような感じで。頭全体まんべんなく引っ張ると、血が回ってカッカした感じに」
頭皮と肌は一枚皮でつながっているので、”髪引っ張り”マッサージで頭皮がほぐれると、血流がよくなるだけでなく、同時にリフトアップ効果も!

1/2ページ

最終更新:10/4(金) 15:41
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事