ここから本文です

小泉環境相 国連でスピーチ ピザで腹ごしらえ

9/23(月) 17:11配信

FNN.jpプライムオンライン

FNN.jpプライムオンライン

小泉環境相は、国際舞台での本格的デビューを果たした。

国連で初めてスピーチをする直前まで、ニューヨークのピザ店で食事をしていた小泉環境相。

アメリカではよく見かける、庶民的な店。

ランチタイムでにぎわう中、小泉環境相は、自ら品定めして腹ごしらえ。

小泉環境相「やっぱりニューヨークの味だね。力を入れて話してきます」

向かった先は、国連本部。

およそ200人を前に、英語でスピーチを行った。

小泉環境相「日本は1997年に京都議定書を制定したが、それ以来、リーダーシップを発揮してこなかった。しかし、きょうから、われわれは変わります」

都市の脱炭素化が温室効果ガス削減の鍵を握るとした。

事前の予定原稿にアレンジを加えた内容だった。

小泉環境相「僕の前は、ケニアの方がずーっと制限時間超えて話している。あれ見てて、場の空気を感じますよ」

小泉環境相は、日本が存在感を発信する姿を見せられたとする認識を示した。

FNN

最終更新:9/23(月) 17:11
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事