ここから本文です

YU-Uさんが教えます。簡単!すぐできる!【ただ結んだだけ】でできるおしゃれ【まとめ髪】

9/23(月) 22:10配信

magacol

仕事や家事など「今、髪を結びたい!」と思った瞬間、その都度巻いたりアレンジをするのは難しいもの。でもちょっとしたコツを押さえれば、手をかけたふうなまとめ髪に仕上がるんです。疲れ見えさせない、無造作感たっぷりの結び方をマスターして!

3原則さえ押さえれば、朝の仕込みナシでもサマになる!

STEP1:手を熊手にした“かき上げ結び” で毛流れを上向きに

トップからなでつけるように毛先を束ねるのではなく、指を熊手のようにしてかき上げながら髪をまとめると顔まわりの毛流れが上向きになり印象が若々しく。正面から見た時に引き出した毛束が立体的に立ち上がり、華やかに。

STEP2:面はあえて整えずデコボコのまま!毛もさらに引き出して

昔習った通りにコームなどで表面の髪をきれいに整えてしまうと古い印象に。手ぐしでまとめ、表面の毛ではなくなるべく奥の毛を細く少しずつ引き出すのがコツ。ゴムを片手で押さえ、左右均等にまんべんなく少しずつ引き出します。

STEP3:パサついた毛先は疲れ見えのもと!バームをサッとつけて

毛先のパサつきは厳禁です。ここで手を抜くと無造作感ではなく疲れた印象に見えてしまう原因に。まとめた髪の毛先や、後れ毛部分のツヤは清潔感のキモ。キープ力のあるバーム系スタイリング剤をつけてツヤと束感をプラスして。

髪以外にもOKなバームを ポーチに1つ常備して

左:河北裕介さんプロデュースのマルチバーム。シアバターと天然ミツロウ配合でリップを含む全身に使えます。ヘアワックス30g¥1,500(&be)右:伸びが良く少量で毛先に潤いをプラス。ウエットヘアにも便利。ハンドクリームとしても◎。スティーブンノル ディファイニング バーム50g¥1,450[編集部調べ]※9月16日発売(コーセー)

ロングなら巻いてないのにふんわり!後れ毛でグッと華やか

How To

1.【前から後ろにかき上げるようにざっくりと結んで】 結ぶ毛は、毛流れを下向きにしないことがポイント。肩と平行くらいの毛流れをキープすると若々しく仕上がり華やかに。

1/2ページ

最終更新:10/4(金) 16:06
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事