ここから本文です

マツダ 新型SUV「CX-30」発表! 同社SUV「CX-3」と何が違う?

9/23(月) 16:10配信

くるまのニュース

国内で4車種目のSUVモデルの特徴とは?

 世界的に続くSUVブームのなかで、マツダは新型クロスオーバーSUVの「CX-30」を2019年9月20日より予約を開始し、同年10月24日から発売します。

違いはどこに? 新型CX-30とCX-3の違いを画像でチェック!

 同年3月5日に、ジュネーブモーターショー2019で初公開された際は、新型CX-30とコンパクトSUV「CX-3」の違いが分からない、という声が出ていました。

 同社には、多くのSUVがラインナップされていますが、そのなかで新型CX-30とCX-3には、どのような違いがあるのでしょうか。

 当初、新型CX-30はCX-3の後継とも噂をされていましたが、実際は新型モデルとしてマツダのSUVラインナップに追加されたのです。

 これまでのマツダは、コンパクトSUV「CX-3」、中国で販売されている「CX-4」、ミドルSUV「CX-5」、日本での最上級SUV「CX-8」、北米向け仕様「CX-9」という全5種モデルを販売していました。

 国内市場では、CX-3、CX-5、CX-8をラインナップ。今回の新型CX-30は、CX-3とCX-5の中間に位置付けられています。

 新型CX-30のボディサイズは、全長4395mm×全幅1795mm×全高1540mmとなっています。

 対するCX-3は、全長4275mm×全幅1765mm×全高1550mmとなり、全長は+120mm、全幅が+30mmと新型CX-30の方が少し大きくなっているほか、最低地上高もCX-3の160mmからCX-30の175mmと上がっています。

 また、パワートレインでは、新型CX-30が2リッターガソリンエンジンと1.8リッターディーゼルエンジンはCX-3と同様ですが、さらにガソリン技術に革命を起こすといわれている「SKYACTIV-X」も「マツダ3」に続いて設定されました。

 また、「SKYACTIV-X」には、ハイブリッド技術「M Hybrid」を搭載して燃費性能の向上を図っています。

 新型CX-30について、開発主査の佐賀尚人氏は次のように述べています。

「最新の『SKYACTIV-X』『SKYACTIV-G』『SKYACTIV-D』を搭載するとともに、小型で効率的なハイブリッドシステム『M Hybrid』を組み合わせて、より高いレベルで運動性能と環境性能を両立します。
 
 さらに、さまざま路面状況において安心できるAWDシステムを採用するなどして、どこまでもいつまでも走っていきたくなる上質な“走る歓び”を提供します」

※ ※ ※

 カタログ燃費(WLTCモード、以下同様)では、新型CX-30がガソリン車(14.8km/Lから16.2km/L)、ディーゼル車(18.4km/Lから19.2km/L)。なお、SKYACTIV-Xが現段階では未定です。

 CX-3は、ガソリン車(15.2km/Lから16.2km/L)、ディーゼル車(19.0km/Lから23.2km/L)となっています。

1/2ページ

最終更新:9/23(月) 18:48
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事