ここから本文です

【MLB】ダルビッシュ、快投も無念8敗目 米記者は続々と擁護&称賛「素晴らしい復活」

9/23(月) 8:17配信

Full-Count

8回まで1失点12Kも…9回に2失点で8敗目、地区V消滅も「ダルビッシュはできる限り長く投げた」

■カージナルス 3-2 カブス(日本時間23日・シカゴ)

 カブスのダルビッシュ有投手は22日(日本時間23日)の本拠地カージナルス戦で9回途中7安打3失点12奪三振無四球と好投したものの、8敗目(6勝)を喫した。8回まで1失点12奪三振と相手打線を圧倒していたが、9回に2点を失って逆転を許した。カブスは2-3で敗れて6連敗を喫し、地区優勝が消滅。ワイルドカードでのプレーオフ進出も6試合を残して4ゲーム差と極めて厳しい状況となった。米メディアは快投を見せながら敗戦投手となったダルビッシュを擁護している。

【写真】「なんて男だ!」…ダルビッシュが魅せた男気! 高級ステーキを同僚だけでなく相手チームにもふるまう!

 初回に1点の援護をもらったダルビッシュは、立ち上がりから快投。3回にデヨングに同点ソロを浴びたものの、その後も相手を圧倒し続けると、カブスが6回にカステラノスのソロ弾で追加点。1点のリードを守り、96球で9回も続投した。

 しかし、先頭の代打マルティネスの大飛球を中堅の名手アルモラがグラブに当てながら捕球できず、三塁打に。続くファウラーは犠飛で同点。エドマンに右前打と二盗でチャンスを作られ、ゴールドシュミットには三塁線を破られる適時二塁打を浴びて逆転を許したダルビッシュ。ここで無念の降板となった。ただ、8回1/3はカブス移籍後最長。絶対に負けられない一戦で9回途中までマウンドを守り続けたダルビッシュがダグアウトに向かうと、本拠地のファンはスタンディングオベーションで力投を称えた。

 米メディアも一斉にダルビッシュを擁護した。「NBCスポーツ・ワシントン」のブライアン・マクナリー記者は、ダルビッシュが9回に失点した直後に「カージナルスがカブスからリードを奪った。ブルペンを信頼していないため、カブスはダルビッシュに9回も続投させた」とレポート。今季途中加入のキンブレルの救援失敗が続くなど、カブスは終盤にきてブルペンが“弱点”となっており、この日もダルビッシュが9回に続投せざるをえない状況だった。

1/2ページ

最終更新:9/23(月) 9:39
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事