ここから本文です

堂安出場なしのPSV、アヤックスとの首位攻防戦はドロー決着

9/23(月) 2:10配信

ゲキサカ

 オランダ・エールディビジは22日、第7節を各地で開催した。

 MF堂安律が所属するPSVはアヤックスをホームに迎えた。ともに4勝1分の勝ち点13の首位攻防戦(得失点差+14のアヤックスが首位、+11のPSVが2位)は前半をスコアレスで折り返すと、後半18分に右サイドから送られたボールをFWデュサン・タディッチがつなぎ、FWクインシー・プロメスが巧みにネットを揺らしてアヤックスが先制に成功する。

 1点のビハインドを背負ったPSVは後半31分にFWコーディ・ガクポとDFオリビエ・ボスカリを同時投入して状況を打開しようと試みる。すると直後の同33分、ガクポのスルーパスからPA内に走り込んだMFドニエル・マレンがゴールを陥れ、PSVが試合を振り出しに戻した。その後、両チームに勝ち越しゴールは生まれずに1-1のドローに終わった。なお、ベンチスタートの堂安の出場はなかった。

 また、DF菅原由勢が所属するAZがADOデンハーグのホームに乗り込み、1-0の完封勝利を収めている。なお、ベンチスタートとなった菅原の出場はなかった。

最終更新:9/23(月) 2:10
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事