ここから本文です

イッペイ・シノヅカの右足炸裂! 直接CK弾&2点目演出「任せてもらえて嬉しい」

9/23(月) 9:25配信

ゲキサカ

[9.22 J2第33節 大宮2-0東京V NACK]

 高精度の右足キックが炸裂した。「練習していた形でした。ああやって入ってよかったです」。今夏、完全移籍で加入したMFイッペイ・シノヅカがセットプレーから全2ゴールを生み、大宮アルディージャに5試合ぶりの勝利をもたらした。

 序盤のCKから正確なキックをFWロビン・シモヴィッチの頭に合わせ、立て続けにチャンスを創出。そうして迎えた前半22分だった。左CKのチャンスにシノヅカが右足で蹴り込むと、「直接狙っていました」というシュートがゴールマウスに吸い込まれた。

 ニアサイドをすり抜けた低い弾道のキックは「もうちょっと上に蹴りたかった」と意図したコースではなかったようだが、雨天でスリッピーなピッチ状況が吉と出た。「ああいう球だったけど、逆に(ピッチが)雨に濡れていたからバウンドをしていい感じで入ったのかなと思います」と得点シーンを振り返った。

 さらに後半31分、またもシノヅカの左CKからMF酒井宣福のダメ押しゴールが生まれ、勝利を決定付けた。「ヘディングが強い選手が多いし、(チームとして)セットプレーは武器。そこでキッカーを任せてもらえていることは嬉しいし、今は(期待に)応えられている。続けていきたい」。セットプレーで魅せれば、対峙した相手の突破を止めるなど、課題としていた守備でも奮闘。2試合連続の無失点に貢献した。

 チームは団子状態のJ2上位陣に食い下がり、2位横浜FCから5位大宮は勝ち点57で並んだ。悪い流れを断ち切る貴重な白星。存在感を高めるロシア国籍の24歳は「もう絶対に負けられない。いい流れを作れるような一歩になったと思う」と力を込めた。

最終更新:9/23(月) 9:28
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事