ここから本文です

フィッカデンティ名古屋、古賀聡U-18監督らがコーチ入閣

9/23(月) 16:42配信

ゲキサカ

 名古屋グランパスは23日、風間八宏監督を解任し、マッシモ・フィッカデンティ新監督を迎える人事を発表した。同日はオフだったが、16時からの練習に変更になるなど、新監督が早速積極的な動きをみせている。

 またクラブからはコーチングスタッフの体制変更も発表になった。FC東京や鳥栖でフィカデンティ監督を支えたブルーノコーチの就任と、早稲田大の元監督で現在はU-18で指揮を執る古賀聡氏が兼任コーチに昇格。イタリア語通訳として田山景太郎氏が入閣した。

 なお、森一哉ヘッドコーチと川崎英正トレーニングコーチは双方合意のうえで契約を解除。島岡健太コーチと堀尾郷介データ分析コーチの去就については決まり次第、発表される。

最終更新:9/23(月) 16:52
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事