ここから本文です

香取慎吾演じる“慎吾母”の優しさに、失恋に涙するファーストサマーウイカが大感激!「おじさん、おかわり!」

9/24(火) 5:01配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

■「 “慎吾ママ”は私たち世代のお母さんの代表。大人になった今、慎吾母と一緒に仕事をさせていただくのは、父親とサシで飲みに行くような感じですね(笑)」(ファーストサマーウイカ)
株式会社ファミリーマートは、全国の店舗で展開するオリジナル惣菜・冷凍食品ブランド“お母さん食堂”のイメージキャラクターに、香取慎吾を起用。このたび、香取がお母さん食堂のおかみ”慎吾母”に扮する、お母食堂TVCM『涙の味 おじさん篇』が完成。料理の腕を振るう“おかみたち”が描かれた特別ビジュアルとあわせて解禁となった。

【動画】慎吾母のお母さん食堂 涙の味 おじさん篇+慎吾母のお母さん食堂 涙の味篇 メイキング 特別映像

ファミリーマートの“お母さん食堂”は、毎日の生活に、どこか懐かしくあったかい商品を提供できないか、美味しくて便利な商品をご提供できないか……そんな想いからファミリーマートが自信を持って届けるオリジナル惣菜・冷凍食品ブランド。

公開された映像では、活気溢れる街の食堂を切り盛りする慎吾母の姿が映し出され
る。

「ハイ、どいて! どいて~」と、活気溢れるお母食堂を切り盛りする慎吾母。優しい笑顔で料理を運ぶその姿は、まさに現代人にとっての癒し。そんな慎吾母がふと目を移すと、失恋の悲しみに暮れるひとりの女性(ファーストサマーウイカ)の姿が。そんな彼女を見かねた慎吾母は、彼女の前にすっと汁なし担々麺を差し出し、「失恋なんて、美味しいもの食べれば忘れるわよ」と言葉をそえ優しく微笑む。すると女性は、担々麺の美味しさと、秘められた母の優しさをかみしめながら感動の涙を流す…。

毎日の生活を、食を通して応援する慎吾母の、底知れぬ温かさが身に染みる特別映像となっている。

あわせて解禁されたビジュアルには、誇らしげに遠くを見つめる慎吾母と、様々な料
理を生み出すおかみドリームチーム(!?)の姿が描かれている。

■19年ぶりのお母さん役に、香取、感極まる!
「おっはー」の挨拶で日本中の子どもたちを虜にした慎吾ママ。あれから19年、ママはグッと大人っぽくなり、母として帰ってきた。

久々にお母役を演じることになった香取は「最近気が付いたんですが、あの頃“おはロック”を踊っていた世代が、社会人になって頑張っている。そして今僕は、19年前に慎吾ママを観てくれていた人たちに向けて、『みんな疲れているでしょ、お疲れさま。
美味しいもの食べなさい』と言ってあげられる。そう思うと、本当に素晴らしい仕事だなと思うんです」と、奇しくも人生の中で、ママと母を演じることになったことへの想いを、感慨深げにコメント。

続けて、「撮影中に面白かったのが、僕の母役が板につきすぎていたせいか、『あらやだ!』なんて女性っぽい言葉をしゃべっても、まったく違和感がなく撮影が進むんです(笑)。普通は俳優が女性言葉で話すと、カットした瞬間、周囲がざわつくはずなんです。これはなかなかないことですね!」とコメント。撮影中のあまりに自然すぎる母の演技に、誰ひとり違和感を感じていなかったという。

さらに、香取は「慎吾ママのときも少し使っていましたが、やはり慎吾母が言うなら『おっつー』でしょうね(笑)。『お疲れさま! ちゃんとご飯食べてね!』という気持ちを込めてね」と、すでに慎吾母のキメ台詞も考えていることを明かした。

CM の中で失恋に涙する女性を演じているのは、バラエティ番組などでみせる歯に衣着せぬトークが話題の、ファーストサマーウイカ。ウイカは、まさに幼少期に慎吾ママを観ていた世代で、「“慎吾ママ”は当時の子どもたちのアイコンでした。ママはパワー全開で元気なイメージでしたが、慎吾母は落ち着いていて安心感がある。慎吾ママは私たち世代のお母さんの代表のような存在だったので、大人になった今、慎吾母と一緒に仕事をさせていただくのは、父親とサシで飲みに行くような感じですね(笑)」と、当時を振り返りながら共演の喜びを語った。

■香取慎吾、“もちっと食感の汁なし担々麺”の美味しさに驚愕!
CM撮影は、気温30度以上の真夏日の中、実施された。エキストラ陣も暑そうにしているなか、香取はひとり厚手の和装。さぞ大変な撮影だったのでは思いきや、香取は「役に入り込むスイッチを入れたので、じんわりとした汗しかかきませんでした」と高いプロ意識を感じさせるコメント。

さらに、役者として真剣に慎吾母というキャラクターに向き合う香取の前に舞い降り
たのは、思わぬ大御所俳優の2人だった。「撮影を振り返ると、尊敬する西田敏行さんと、田中邦衛さんの雰囲気が出てきたかもと思いました(笑)。普段の芝居ではあまりそういうことは考えませんが、今日は西田さんと田中さんがすごく浮かびましたね。年齢を重ねた自分が、皆さんを温かく迎えるお母さんを演じると、おふたりみたいな雰囲気が出るのかなと(笑)」。

実際に料理が得意な香取は「慎吾母じゃないですけど、何か作ってと言われたら、冷蔵庫にあるもので作れます。最近も家に遊びに来た友達たちに手料理を作ったら、皆『すごーい』って感動してくれましたよ」とプライベートでも慎吾母顔負けの料理を振る舞うことを明かした。

そんな香取が「もちっと感がハンパじゃなくてびっくりしました! 僕もずっと冷凍食品を食べてきて、冷凍食品の進化はピークを迎えたかな? と思っていました。ですが、さらにその上を越えてきた感じです」と、映像にも登場する“もちっと食感の汁なし担々麺”を絶賛。失恋の痛みを和らげ、料理上手な香取をも唸らす“もちっと食感の汁なし担々麺”は、お母食堂の冷凍商品の中でも人気の商品となっている。

毎日を頑張って生きる人たちに、食を通して癒しを与える慎吾母。赤い暖簾をくぐれば、誰しもが笑顔になれる素敵な食堂が、そこにはある。仕事帰りにファミリーマートに入店の際には、ぜひお母さん食堂に立ち寄ってみよう。豊富で美味しい料理と共に、そこには「おっつー」と迎え入れてくれる、優しい母がいる。

ファミリーマート “お母さん食堂” 公式サイト
https://www.family.co.jp/campaign/spot/1809_famiyokosyoutengai_goods.html

最終更新:9/24(火) 7:59
M-ON!Press(エムオンプレス)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事