ここから本文です

志らく炎上上等!「芸人は知られてなんぼ」毒舌ご意見番が朝昼TBSの顔に

9/24(火) 5:01配信

デイリースポーツ

 落語家の立川志らく(56)がこのほど、MCを務めるTBS系情報番組「グッとラック!」(30日スタート、月~金曜、前8・00)の記者会見を都内の同局で行った。16年10月からコメンテーターとして出演する同局系「ひるおび!」(月~金曜、前10・25)と合わせ、朝昼のTBSの顔となる。毒舌系コメントでネットニュースを盛り上げてきた志らくは“炎上上等”で番組を盛り上げていくことを誓った。

 生業とする落語の傍ら「ひるおび!」で歯に衣を着せぬ物言いでコメンテーターとして活躍。鋭い角度から切り込むコメント力が評価される一方で、アンチも増やしてきた志らくがTBSの顔として奮闘する。

 これまで番組やツイッターなどでの舌鋒鋭い発言がネットで取りざたされてきた。メインMCが発表されてからも「朝から志らくはつらい」「MCできるの」などと番組スタート前から“炎上”の様相を呈しているが、「“言葉の通り魔”には今は慣れました」とノーストレスだという。

 元々メンタルが弱いというが、コメンテーターとして意見する中で次第に変化。非難の声を「芸人は知られてなんぼ」と頭の中で変換しており、視聴者の記憶に残るようなワードを選んで発言しているという。

 メインMCという大役。司会として番組を回さねばならないが、「それを求めていないと思う」と正統派としてでなく「いっぱいコメントをするMCということで言いたいことを言いたい」を“ご意見番”として日本の朝に切り込むつもりだ。

 テレビ出演を続けているのは、師匠である故・立川談志さんへの思いから。長らく落語の世界にこもっていた志らくに対し、談志さんは「なぜテレビに出ないんだ」と気に掛けていたという。30日にスタートする新番組を前に「師匠が草葉の陰で泣いているって言う人もいるけど、きっと(番組も)見てくれると思う」と笑顔を見せた。

最終更新:9/24(火) 7:05
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事