ここから本文です

低評価の久保建に"追い風" 日本時間26日アトレチコ戦で初スタメン候補に

9/24(火) 16:35配信

東スポWeb

 久保は22日(日本時間23日)のヘタフェ戦でMFサルバ・セビージャ(35)が試合中に負傷したため、前半19分から出場。0―3の後半25分には右サイドからクロスでFWアンテ・ブディミール(28)の得点をアシスト。チームは2―4と敗れたが、新天地で初アシストをマークする好プレーを見せた。

 しかしマジョルカのビセンテ・モレノ監督(44)は、完敗したこともあってか、久保に辛口ジャッジだった。「チームとして良い試合をできなかったし、彼が試合の流れを大きく変えたわけではない。一人の選手を特別には扱えない」

 指揮官はこれまでも久保に対し「良いものは持っているが、現時点ではそれだけ」「チームに食い込みたければ向上しなければいけない」などと一貫して厳しい姿勢を示してきた。このため久保は鳴り物入りでレアル・マドリードから加入しながら控え要員に甘んじている。この日はアシストという結果を残したものの、モレノ監督の評価を一変させるまでには至っていないわけだ。

 ただ、久保にも“追い風”が吹いてきた。セビージャの負傷で、中2日で迎える25日(同26日)のアトレチコ・マドリード戦で初のスタメン候補に浮上。スペインメディア「デフェンサ・セントラル」は久保が大活躍し「スター誕生の可能性がある」との期待を報じた。

 待望のチャンスを生かしたいところ。いつも辛辣なモレノ監督に猛アピールできれば、一気にレギュラーの座を奪えるはずだ。

最終更新:9/24(火) 17:04
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事