ここから本文です

五輪選手村のマットレス、自動採寸で個別にカスタマイズ 「4年に1度の大舞台、最高のパフォーマンスを発揮して」

9/24(火) 18:28配信

ITmedia NEWS

 寝具メーカーのエアウィーヴは9月24日、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックの選手村に、選手用の寝具を提供すると発表した。協業するベンチャーBodygram Japanの自動採寸技術を活用し、選手の体形を推定。そのデータに基づき、選手ごとに寝具をカスタマイズする。

【画像】ベッドは段ボール製

 過去の選手村では、選手の体形にかかわらず、全室で同一のマットレスを提供していた。しかし選手は、競技によって体重や体形、筋肉の付き方が異なる。自分に合わないマットレスを使うと寝返りがしづらく、睡眠の質の低下にもつながるという。

 そこでAI技術を活用し、洋服を着たままスマートフォンのカメラで撮影した画像と、簡単な数値入力から、全身の身体サイズを推定するアプリを提供。そのデータを基に、マットレスの硬さを変えられる仕様にした。マットレスは頭・腰・足に三分割し、各パーツの硬さを調整。「理想的な寝姿勢を保ち、睡眠中の身体への負担を軽減する」という。

 マットレスには、ポリエチレン樹脂から作る独自素材「エアファイバー」を採用。使用後は、ポリエチレン原料に再生し、プラスチック製品に再利用が可能という。マットレスを敷くベッドフレームも、再生可能な段ボールで構成する。

 選手村のベッド数は、東京2020オリンピック時に1万8000床、パラリンピック時に8000床を予定している。エアウィーヴは「4年に1度の大舞台に臨む各選手が、最高のパフォーマンスを発揮できるよう、過去最高の睡眠環境を用意する」としている。

ITmedia NEWS

最終更新:9/24(火) 19:08
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事