ここから本文です

ERPのクラウドシフト進む 18年時点でユーザー企業の3割がクラウド利用 20年には45%超えか

9/24(火) 18:31配信

ITmedia NEWS

 ERPパッケージのクラウド化が進んでいる──。矢野経済研究所の調査でそんな傾向が分かった。同社が9月24日に発表した調査結果によると、ERPパッケージベンダーのユーザー企業のうち、クラウドベースのERPシステムを導入している企業は2018年時点で28.2%で、前年から5.8ポイント増えた。20年には45.8%に達すると予測している。

【その他の画像】

 カテゴリー別では、SaaS型のERPはまだ製品数が少ないため、ユーザー企業の利用率は低いものの、ERPシステムの基盤にIaaSやPaaSを利用する例が増えているという。

「ERPへの投資意欲は高い水準」

 18年時点での、クラウドとオンプレミスを合わせたERPパッケージライセンス全体の市場規模は1123億7000万円(エンドユーザーへの販売価格ベース)。17年から4.4%伸びており、16~17年の伸び率(0.8%)を大きく上回った。

 同社は「ユーザー企業のERPへの投資意欲は高い水準を維持しており、経営環境の変化に合わせて基幹システムを更新する動きが進み、市場の成長を支えている」と分析している。

 19年の市場規模は前年比3.7%の1165億2000万円になると予測。「事業変革を目指すデジタルトランスフォーメーション(DX)という大きな流れを背景にしているため、市場は底堅い」とみている。

ITmedia NEWS

最終更新:9/24(火) 18:31
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事