ここから本文です

中邑真輔、ユニバーサル王座挑戦権獲得ならず…ワイアットがストローマン襲撃で王座獲りへ

9/24(火) 14:51配信

スポーツ報知

 WWEのロウが23日(日本時間24日)、米カリフォルニア州サンフランシスコのチェイス・センターで開催された。

 インターコンチネンタル(IC)王者・中邑真輔が、ユニバーサル王座挑戦権をかけた5ウェイ・エリミネーション戦に出場した。パートナーのサミ・ゼインと共に登場した中邑はAJスタイルズ、リコシェ、レイ・ミステリオ、ロバート・ルードと対峙すると5人入り乱れた激しい攻防を展開。中邑はスタイルズをバリケードに叩き付けると顔面に強烈なヒザを叩き込み、リコシェには不意打ちのキンシャサを放って脱落させた。

 これで勢いに乗った中邑はルードにもキンシャサを叩き込むも決定打とはならず、スタイルズのフェノメナール・フォーアームを食らってしまって脱落。そのスタイルズもルードのグローリアスDDTで脱落すると、最後はミステリオが619からスプリングボード・フロッグスプラッシュをルードに決めて3カウント。一度は引退も考えたミステリオが見事勝ち残ってユニバーサル王座挑戦権を獲得。次週のロウでミステリオと王者セス・ロリンズのユニバーサル王座戦が決定した。

 ロウ・メイン戦でユニバーサル王者のセス・ロリンズが“巨獣”ブラウン・ストローマンとシングル戦で激突した。スピードに勝るロリンズはストローマンの攻撃を避けてポストに誤爆させると、フライング・ハイニーからスリーパーでストローマンの体力を奪い、続けてブロックバスターやフロッグスプラッシュ2発と怒涛の攻めを見せた。

 さらにトペ・スイシーダ2発放ったロリンズだったが、3発目でストローマンに捕まるとチョークスラムでエプロンに叩き付けられて形勢逆転。ストローマンはランニング・ショルダータックルからランニング・パワースラムをロリンズに決めて止めを狙ったが、ここで会場が突如暗転してしまう。すると暗闇から“ザ・フィーンド”ブレイ・ワイアットが姿を現してストローマンをマンディブルクローでKOすると、不気味な笑い声と共に暗闇に消え去った。

 王者ロリンズ対“ザ・フィーンド”ワイアットのユニバーサル王座戦が行なわれるPPV「ヘル・イン・ア・セル」は日本時間10月7日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)でライブ配信される。

最終更新:9/24(火) 14:53
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事