ここから本文です

引退決断の巨人・阿部 ラスト甲子園はベンチスタート 25日に都内で会見

9/24(火) 18:15配信

デイリースポーツ

 「阪神-巨人」(24日、甲子園球場)

 今季限りでの引退を決断したことが明らかになった巨人・阿部慎之助捕手は、阪神との最終戦でベンチスタートとなった。阿部は25日に都内で会見を行う。

【写真】阿部 ラスト甲子園で大学の後輩と即席“バッテリー”

 伝統の一戦を繰り広げてきた甲子園で現役として迎える最終戦。こみ上げるものがあったのか、プレーボール直後に映し出された、三塁側ベンチの阿部はグラウンドにジッと視線を送り目を潤ませているようだった。

 試合前には、阪神の藤川、鳥谷らベテラン勢らから挨拶を受けて、笑顔で会話を交わしていた。

 阿部は01年に中大をへて、逆指名制度で巨人に入団。1年目からレギュラーとなり、強肩強打の捕手として活躍。12年には首位打者、打点王、最高出塁率などのタイトルを獲得。2007年から2014年まで8年連続ベストナインに選出されるなど、一時代を支えた。

 19年目の今季は92試合に出場し打率・299、6本塁打、26打点の成績を残していた。

最終更新:9/24(火) 19:36
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事