ここから本文です

【映像】創業178年の旅行代理店倒産 英トーマス・クック・グループ

9/24(火) 12:55配信

AP通信

マンチェスター、イギリス、9月24日(AP)― 創業178年、世界最初の旅行代理店といわれる英のトーマス・クック・グループが9月23日、追加の2億ポンド(約268億円)の資金調達交渉が不調に終わったため、ロンドンの裁判所に破産を申請した。これにより、すべての営業は直ちに停止された。
 営業停止により同グループの4つの航空会社はすべて運航を停止し、英国内9000人を含む世界16カ国2万1000人の社員が失業することになった。
 同グループは数カ月前から、先行きの見通しが立たないブレグジットの影響で、ツアー予約が激減。これが債務負担として同社の経営に重くのしかかっていたとして、遅々として進まないEU離脱に最大の責任があると主張していた。
 政府と民間航空局(CAA)は、国内はもとより遠くはマレーシアなどから数十機のチャーター機を調達して、同社のツアーで国外を旅行中の15万人の英国市民を無料で帰国させるため、第2次世界大戦以来最大規模の帰還事業となる「マッターホルン作戦」を開始した。
 CAAによれば、全員の帰国までには2週間程度かかる見通しだという。また、同グループ社員に代わって数百人が、コールセンターや空港オペレーションセンターの業務に当たるという。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:9/24(火) 12:55
AP通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事