ここから本文です

【ABC特集】6年間信じていたのに…650万円をだまし取ったまま退職 行方をくらました「保険外交員」に直撃

9/24(火) 11:50配信

ABCテレビ

信じていた保険外交員が「詐欺師」だったら…
「10年以上働いていたうちのほとんどの貯金を、まるごとごっそり持って行かれているので」
「信頼」を利用して、お金を奪った男。裏切られた被害者の、「戦い」を追った。

信頼関係を逆手に・・・

 大阪市内に住む30代の女性・Aさん。医療関係の仕事をするAさんが、お金をだまし取られたことに気づいたのは、調査中の保険会社から問い合わせがあった、7月末のことだった。

「『自分の口座の入出金記録』を出したら、実際に何年何月に自分の口座から 500万の金額が動いてる状態ですね。これがもう1個の26年の2月ですね。言われた日付と金額自体はあってて。」(Aさん)

被害額は、あわせて650万円。だましとった男は、Aさんを担当する保険外交員、Kだった。

「前の分の保険の分を解約したときにある程度まとまったお金が入るじゃないですか。
『貯金した分と合わせてこの分を次こっちに回したらいいですよ』っていうような話の進め方でしたね。正直その方を信用していたので、言われるがままっていうか」(Aさん)

保険の解約金に10年以上かけて貯めた貯金も加え、より利回りのいい商品を契約するよう持ち掛けたKに、疑いもせず預けたAさん。知り合って6年。飲みに行くこともあったというが、その信頼関係こそ、Kの手口だった。

(Q.全部、有名な会社?)
「そうですね、保険に詳しくなくても、それこそテレビで見るような保険会社ばっかりなので」(Aさん)
(Q.ちゃんとした代理店だなという印象?)
「そうですね、ありますね」(Aさん)

保険代理店で、実際に大手保険会社の商品を取り扱っていたK。被害者はAさんも含め、およそ15人。高齢者も多く、Kをまだ、信じている人もいるという。
長年かけて信頼を築き上げ、お金を奪う。それがKの、「犯罪」。

「10年以上働いていたうちのほとんどの貯金を、自分の私生活を潤すために使っていたと思うんです。返してもらわないとこれから先結婚したりとか、子ども生まれたりとかのために置いているお金をまるごとごっそり持って行かれているので」(Aさん)

1/4ページ

最終更新:9/24(火) 12:20
ABCテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事