ここから本文です

カシージャス、古巣レアルが首位浮上と喜び…本当の首位ビルバオがツッコミ「私たちを忘れてますよね」

9/24(火) 0:50配信

GOAL

アスレティック・ビルバオが、ポルトのイケル・カシージャスが『ツイッター』でつぶやいた言葉にツッコミを入れた。

カシージャスは22日のリーガ第5節セビージャ対レアル・マドリーの前日に、古巣レアル・マドリーが首位に立てる可能性を把握して『ツイッター』で「セビージャに敬意を払って言わせてもらうが、レアル・マドリーはピスフアンで勝てば首位になれる!!プレーの良し悪しにかかわらず1位になることが重要だ。そのほかは何の役にも立たない」とつぶやいた。

そしてレアル・マドリーは、実際にセビージャに勝利を収めて勝ち点を11に伸ばした。が、単独首位に浮上したのはカシージャスの古巣ではなく、同日にアラベスとのダービーを2-0で下して、同じく勝ち点を11としたアスレティックだった。アスレティックは得失点差で、レアル・マドリーを1点分上回っていたのだ(※勝ち点が同じ場合には当該対決の結果で順位を決定するリーガだが、当該対決2試合の結果が出るまでは得失点差で順位を並べる)。

こうしてアスレティックは単独首位に立った後、カシージャスのつぶやきにツッコミを入れることとなった。両親がかつてバスクに住んでいたため、同地に由来するイケルの名を持つフットボール界のレジェンドに対して、セビージャ同様に敬意を払ってもらうため次のようなメッセージを送ったのだった。

「私たちは、あなたが私たちに対して特別な愛情を持っていることを知っています。でも今回は、私たちのことを忘れてますよね?」

なおアスレティックがリーガ第5節までに勝ち点11を獲得したのはクラブ史上初のこととなる。

最終更新:9/24(火) 0:58
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事