ここから本文です

【バレー】古賀紗理那「もっと勝ちに貢献するオフェンスをしたい」石井優希「若手の台頭には負けたくないしかない」W杯2019女子ケニア戦談話

9/24(火) 0:03配信

バレーボールマガジン

ワールドカップバレー2019女子大会ケニア戦は、ストレートで勝利した。古賀紗理那、石井優希、中田久美監督の談話。

第2セットから入って最高得点を叩き出した古賀紗理那選手

--昨日のアメリカ戦では出番がありませんでした。色々と考えて今日の試合に入ったのでは。
古賀:とにかく点を取るということを意識して入りました。

ーー店のとり方、バックアタックで非常に得点していましたね。
古賀:まだまだ失点もあるので、そこは修正していきたいです。

ーーここまで日本は半分の戦いを終えました。目指すプレー、目標とするプレーを教えて下さい。
古賀:しっかり勝ちに貢献するオフェンスをしたいです。

全戦スターティングメンバーの石井優希選手
ーーここまで7試合全試合スタメンですが、疲れもあるのではないでしょうか。
石井:疲れはないんですけど、やっぱり勝ちにつながってないのでその悔しさはありますけど、今日みたいに大事な試合を勝ちきることが大事。

守備力を磨いたのでは。手応えは。
サーブレシーブの波はまだまだありますが、そこだけに集中するのではなく、そのあとで

若手の台頭、ベテランからみて。
負けられないという思いしかないです。

ブラジル戦に。
皆さんの応援が本当に後押しになっているので、皆さんの声援をしっかり勝利に結びつけたい。

中田久美監督
ーーストレート勝利、欲しかった勝利だと思います。
中田:ありがとうございました。

ーー監督が常々はなしておられる「勝ちきる」ということについて、今日の試合をどう振り返りますか。
中田:まずは昨日の敗戦から切り替えを図るためには、本当にこの試合は大事な試合で、ストレートで勝ててよかったと思います。

ーー監督は今日、フレッシュなメンバーも起用して、いろんな可能性を試されましたが。
中田:明日のブラジル戦を踏まえてのいろいろな課題を克服したり、選手のモチベーションも考えて使いました。良かったと思います。

ーーケニアより上回った日本の良さ。
中田:相手のミスに助けられたところも大きかったですし、最後までクイックを止められなかったのは課題です。

最終更新:9/24(火) 0:03
バレーボールマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事