ここから本文です

ホンダのトニー・ボウ選手トライアル世界選手権シーズン最終戦も制し全勝!! 藤波選手はランキング3位獲得

9/24(火) 19:00配信

バイクのニュース

負けを知らないトライアル世界選手権シリーズチャンピオン!!

 トライアル世界選手権最終戦は、乾いた岩肌のセクションが用意されたスペインのラヌシアで開催されました。T・ボウ選手は、他を寄せ付けない王者の走りで見事に勝利を飾り、シーズン全勝を達成しました。チームメートの藤波貴久選手も3位表彰台を獲得し、シリーズランキングも3位を獲得しています。

トライアル世界選手権最終戦の画像を見る


 ラヌシア大会は、険しい地形と持ち時間に押されたセクションでしたが、T・ボウ選手は、最小限点をマークして見事に大会を制しました。今回の勝利でT・ボウ選手は昨年から続く世界選手権14連勝を達成、自身の世界選手権勝利を112に伸ばし、さらに世界記録を更新しました。

 藤波選手は、1ラップ目の6位から2ラップ目に本来の走りを披露、最終セクションをクリーンとしてゴールしました。ライバルがここで失敗したことで表彰台争いを勝ち抜き逆転で3位表彰台を獲得しています。

 藤波選手は、前戦フランスGPまでランキング4位でしたが、ガスガスのJ・ファハルド選手が昨年イタリア大会のドーピング検査で陽性となり、その結論が出て1年間の順位剥奪となり、ランキング3位でシーズンを終えました。      

 Repsol Honda Team二人のライダーは、地中海のイビザで開催されるトライアル・デ・ナシオンにスペインチーム代表のトニー・ボウ選手と日本チーム代表の藤波貴久選手が出場します。

Repsol Honda Teamライダーコメント

■Repsol Honda Teamトニー・ボウ選手(年間チャンピオン)

「全勝優勝ができて、完ぺきなシーズンを送ることができました。勝利数が100勝を突破してからというもの、次なる挑戦がシーズン全勝優勝でした。今日、それが達成できて、とてもうれしいです。また連勝記録が14連勝に伸びました。これでジョルディ・タレスが持つ記録に並びました。しかしこれにとどまらず、さらによい結果を臨みたいので、この目標を年頭に、2020年シーズンに向けて戦いを始めたいと思います。

 今日のトライアルは、とても厳しいものでした。セクションは滑りやすく、時間は常に不足していました。それで失敗も多かったのです。しかし幸いなことに、みんながミスをし、私たちはライバルに対してミスを少なく抑えることができました。この喜びを実現させてくれたチームのみんなに、大きな感謝をしたいと思います」

1/2ページ

最終更新:9/24(火) 19:33
バイクのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事