ここから本文です

ホテルマン、介護士…OLDCODEXが“今と違う職業”に就いていたら…?

9/24(火) 19:10配信

TOKYO FM+

ボーカル・Ta_2(タツ)とペインター・YORKE.(ヨーク)による個性派ロックユニット・OLDCODEX(オルドコデックス)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「THE QUARTER~LADDERLESS from OLDCODEX~」。9月17日(火)の放送では、リスナーからのメールに応え、「もしも、今の職業に就いていなかったら……?」について考えました。
(TOKYO FMの番組「LADDERLESS from OLDCODEX」2019年9月17日(火)放送より)

【写真を見る】左からTa_2、YORKE.

月ごとのメールテーマを設けて、リスナーと交流を深めているこの番組。9月のマンスリーテーマは「いま立ち向かっていること」です。この日は、転職活動中のリスナーからのメッセージを紹介しました。

「私はこれから、転職に立ち向かいます。どの業界で仕事を探すかを迷っています。やりたい仕事はあるのですが、イチからのスタートだと一般的には“遅い”と言われる年齢です。そこで質問です。お2人は、やりたいことに年齢は関係あると思いますか? また、お2人がもし、今とは違う別ジャンルの仕事をしていたとしたら、どんな仕事だと思いますか?」

Ta_2:(メールを)いただいた方の年齢は、20代中盤。

YORKE.:まだ全然いける年齢だよ。なんでもできると思うよ。どうしても(年齢的に)諦めなきゃいけないのは、スポーツだと当てはまるけどね。

Ta_2:スポーツはそうだね。

YORKE.:俺は身長が185cmぐらいあるけど、競馬のジョッキーになれるか?といったら、絶対になれない。馬に乗ってスピード出すのは、フィジカルとして無理じゃん。あと、毎年言っていることだけど、俺は阪神タイガースがすごく好きで。少年野球しかやってないくせに、ドラフトで自分の名前が呼ばれないかドキドキしてるんだよね、今も。

Ta_2:あはははは。なるほどね。

YORKE.:でも、絶対にそれはないじゃん、年齢的にも。だから、スポーツには(制限が)あると思うけど、それ以外は自由にできそうだよね。

Ta_2:まあ、業種によるかもしれないけど。

YORKE.:そうね。何をやりたいか、もっと具体的に書いてくれりゃなぁ。

Ta_2:でもね、20代半ばなら、まだまだいろんな仕事ができる。もちろん熱意も必要だし、転職した先で何ができるかにもよるけどね。

YORKE.:そうだね。

Ta_2:じゃあ……俺らがもし違う仕事をやるとしたら?

YORKE.:Ta_2は?

Ta_2:俺はなんだろう。別ジャンルでしょ? あんまりピンとこないんだよね。

YORKE.:憧れみたいなのはあるけどね。

Ta_2:憧れね! 小さいときになりたいって言ってたのは、建築家、警察官、教師とか。ドラマやマンガの影響もあったけど、建築は好きだね。

YORKE.:かっこいいね、建築。

Ta_2:一級建築士になりたかった時期はあった。でも現実的には、今の自分の感覚や自分の育ち方を見ると……意外とホテルとかで働いてそう(笑)。

YORKE.:ホテルマンとして?

Ta_2:そうそうそう。

YORKE.:ホテルで何をするかだよね、いろいろあるじゃん仕事が。

Ta_2:そうだね。コンシェルジュみたいな仕事はやってみたいと思う。

YORKE.:かっこいいね。

Ta_2:サポートしたり、促したり、誰かを支える仕事というのは、今やってること(声優/音楽アーティスト)とも近いかな? 発信しつつ誰かのパイプになってる、みたいなさ。誰かと誰かを繋げるような仕事を選ぶのかな? とは思ってます。YORKE.は?

YORKE.:俺も、憧れる職業はいっぱいある。子どものころは大工さんになりたかった。今パッと思いついたのは……俺、引っ越ししても、気付いたら近所に住んでいるおじいちゃんとかおばあちゃんとかと仲良くなってる特殊能力を持ってるんだよ。子どもとかもそう。自分では意識してなくて、親切にした気もないけど、“なんでこんなに良くしてくれるのかな?”というのが多いんだよね。

今は高齢化社会じゃない? 最近、ちょっと考えてるのは、お年寄りのなかに“YORKE.”という存在が入ることで、刺激になることがいっぱいあるんじゃないかなってこと。何でもいいんだよ。「マッサージしてあげる」でもいいし「買い物を手伝う」とか、(荷物を)お家に届けるとか。そういうのが、意外と向いてるんじゃないかな~って、漠然と考えてたりはする。

大きい災害があったとき、俺、そういうところに行くじゃん。(2016年に熊本地震が発生したとき)熊本には、90歳を過ぎた“みっちゃん”っておばあちゃんがいるんだけど、(俺が会いに)行くたびに可愛くなっていくわけよ。俺、ちょっとアイドル化していたからね、避難所で(笑)。だから、ピンクとか着るようになっちゃって。で、褒めるじゃん。俺は自分のおばあちゃんがけっこう早く死んじゃったから、そういうのがなんか嬉しいんだよね。

Ta_2:そういうことなんだね。

YORKE.:お年寄りと話をするのは楽しいし、俺自身も楽しいから、施設で働くのは苦にならない。向いている気がするけど、仕事にしようと思ったことはなかったなぁ。

Ta_2:不思議だね。2人とも、誰かを支える仕事に就きたがるってね。

YORKE.:まあ、たくさんの人に支えてもらってるから、“恩返ししなきゃ”ってのがあるのかもしれない。

Ta_2:そうね。考えてることは一緒なのかもしれないね。

最終更新:9/24(火) 19:10
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事