ここから本文です

増税で暮らしはどう変わる? キャッシュレスでポイント還元 岡山

9/24(火) 18:29配信

KSB瀬戸内海放送

 10月実施される消費増税で、私たちの暮らしがどう変わるのかをさまざまな角度からお伝えしていきます。今回は、増税で消費が落ち込むことがないよう設けられたキャッシュレス決済のポイント還元制度についてです。

 消費者は最大で5パーセントの還元を受けられるんですが、制度がややこしく分かりづらいんです。

 中小企業の小売店などでキャッシュレス決済するとポイント還元される制度。指定されたクレジットカードや電子マネー、QRコード決済などで代金を払うと最大で5パーセントのポイント還元が受けられます。このマークがついたお店が対象で来年6月までの期間限定です。

 岡山市北区の地場のスーパー「グランドマート」ではQRコード決済のPayPay・LINEペイ・auペイでポイント還元制度が使えるよう申請しています。それでも増税後の「消費の落ち込み」を懸念しています。

(グランドマート/小倉卓史 社長)
「5パーセントの還元があったとしてもなかなか厳しい月になろうかと思います。弊社としては生鮮産品で勝負するしかないと考えています」

 また、キャッシュレス決済自体に不安を持つ消費者が多いのも問題です。

(消費者はー)
「パソコンもしないぐらいだからそっちの方についていっていないんです」
「キャッシュレス怖いかなまだ」
Q.抵抗ある?
「抵抗がある」

 また制度を利用できるのは、「資本金が5000万円以下、または従業員が50人以下」などの「中小企業」に限られています。

 さらに事前に申請する必要がありますが、岡山県で9月5日までに申請した対象企業は3割にとどまっています。消費者にとってはポイント還元が受けられる店と受けられない店が混在するため、分かりにくいのが実情です。

(日本政策投資銀行岡山事務所/渡辺秀幸 所長)
「そもそも利用できる店と利用できない店が出てくることと、やはり複雑なので消費者は混乱は避けられないと思います」

1/2ページ

最終更新:9/24(火) 18:57
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事