ここから本文です

錦織 右ひじ負傷から「治り次第復帰」10月下旬エルステ・バンクOPへ出場意欲<男子テニス>

9/24(火) 19:14配信

tennis365.net

エルステ・バンク・オープン

男子テニスで世界ランク8位の錦織圭が24日、アンバサダーを務める寝具メーカー「エアウィーヴ」の未来寝具 コンセプト発表会に松岡修造氏とともに登場し、右ひじの負傷からの復帰時期について語った。

【錦織 右ひじ「そんなに悪くない」】

錦織は21日に楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス 2019(日本/東京、ハード、ATP500)を含むアジアシーズンの欠場を発表。

松岡氏は「会場の人は今年は全部出れないのか?ということが気になっていると思う」と質問した。

錦織はこの問いに「2、3週間かかるので、治り次第出たいと考えています。今のところではウィーンには参加する予定です」と、10月21日に開幕するエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、ハード、ATP500)への出場意欲を語った。

続けて松岡氏が「2020年の東京オリンピックを踏まえての決断でもある気がする」と話すと「はい。もちろんオリンピックが1年後に迫っているので、そのためでもあります」と説明した。

「エアウィーヴ」は来年開催される東京オリンピックの選手村に導入されることも公表されている。

最終更新:9/24(火) 19:30
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事