ここから本文です

トランプ氏と文氏の“温度差”露呈 北朝鮮めぐり協議

9/24(火) 17:32配信

FNN.jpプライムオンライン

FNN.jpプライムオンライン

米韓首脳がアメリカ・ニューヨークで会談し、北朝鮮について協議した。

注目されたGSOMIA(軍事情報包括保護協定)の破棄について、韓国政府は、「トランプ大統領から言及はなかった」としている。

会談の冒頭で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、次の米朝首脳会談について、「開催されれば歴史的瞬間となるだろう」と強調すると、トランプ大統領は「(米朝首脳会談)が開催されれば良いが、されなくても構わない」と応じた。

トランプ政権は、北朝鮮に関する情報を日本と共有するGSOMIAを韓国が破棄したことを批判してきたが、韓国大統領府関係者は24日午前、「トランプ大統領からは全く言及はなかった」と明らかにした。

米韓同盟が弱体化しているという指摘を払しょくする狙いがあるとみられる。

FNN

最終更新:9/24(火) 17:32
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事