ここから本文です

【女子プロ野球】愛知がシーソーゲーム制し、京都に4連勝! 寺部のスクイズが勝ち越し点

9/24(火) 19:13配信

Full-Count

初登板のレイア坂原「自分らしく思いっきり腕を振って投げることが出来た」

 女子プロ野球は23日に、神奈川・平塚球場で秋季リーグを行い、愛知ディオーネが5-4で京都フローラに勝利した。京都の先発は龍田美咲。対する愛知は秋季リーグ初先発の海老悠
がマウンドに上がった。

【動画】美しい女子プロ野球投手と野球女子モデルの二の腕自慢 勝ったのはどっち? 球の握り方や自宅でできる地味ーなトレーニング紹介

 初回、海老は三者凡退に抑え、上々の立ち上がり。対する龍田は、1番前田にレフト前ヒットを許したあと、3番星川、4番金城に連続四球を与えてしまう。2死一、二塁としたところで、5番寺部。ショートゴロに仕留めるも、ショート厚ヶ瀬の悪送球の間に二塁走者の星川がホームに生還。1点を献上。さらに2回、先頭打者の7番岩見がセンター前ヒットを放ち、送りバントなどで2死三塁。ここで1番前田がレフト前タイムリーで2点目をあげた。

 しかし、3回表、1、2回と好調だった海老を京都打線が襲う。1番三浦に四球を与え、1死一塁。続く厚ヶ瀬がライト線タイムリーツーベースを放ち、1点を返す。さらに3番村松がライト前タイムリーを放ち試合を振り出しに戻した。

 しかし、愛知も意地を見せ、試合はシーソーゲームに。3回、6番西山のタイムリーで勝ち越すと、京都も4回には9番佐々木のタイムリーで同点に。2死一、三塁の場面で愛知は海老を諦め、2番手小原にスイッチ。2番厚ヶ瀬をサードゴロに仕留め、勝ち越し点を与えなかった。

 愛知は5回より3番手堀田がマウンドに。2死一塁の場面。6番三原がライトの頭上を超えるタイムリーを放ち、京都が勝ち越した。その裏、ついにシーソーゲームに終止符が打たれる。2番佐藤がセンター前タイムリーを放つと、3番星川が右中間を破るタイムリースリーベースを放ち同点に。雨天による中断を挟み、1死三塁となったところで京都は小西にスイッチ。ここで好調の寺部が打席に。意表をついたスクイズで、勝ち越しに成功した。

 この勢いを止めたい京都は、6回に期間限定の移籍で京都に入ったレイアの坂原愛海がマウンドに。「緊張で足が震えた」と話していたが、トップチーム相手に堂々のピッチング。最速124キロの速球を軸に、7番岩見を見逃し三振に仕留めると、8番代打起用されたレイア米田をショートゴロに仕留める。三振に仕留めたシーンでは観客からの大歓声。続く9番、京都両洋高校の先輩である浅野桜子にはレフトオーバーのツーベースヒットを許し、その後2死一、三塁のピンチを招くも、後続を抑え、無失点でこの回を切り抜けた。

 7回、京都は好打順であったが、堀田のピッチングが勝り、3人で攻撃終了。愛知が京都に対し、4連勝となった。一方の京都は、昨日の勝利の勢いに乗れず、連勝とはならなかった。

 試合後、公式戦初登板の坂原は、「自分のやるべきことをやるだけと思いながら投げました。自分らしく思いっきり腕を振って投げることが出来たと思います。三振をとるというのは意識していませんでしたが、とることができてとても嬉しかったです。追い込んでいたのに、甘く入ってしまい2安打されてしまったのですが、なんとか抑えることが出来て、安心しました。緊張はしましたが凄く楽しく投げることができました。今日は投げることで精一杯になってしまったので、今後は余裕を持って周りをしっかりと見ながら投げられるようにしていきたいです」とコメントした。

日本女子プロ野球リーグ

最終更新:9/24(火) 19:36
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事