ここから本文です

チームの象徴的存在…欧州4大リーグでクラブ在籍年数が長い選手トップ10

9/24(火) 12:19配信

SOCCER KING

 欧州4大リーグの2019-20シーズンが開幕して、約1カ月が経過した。新戦力の活躍や若手選手の台頭などフレッシュな話題に事欠かないが、一方で忘れてはならないのが古参選手の存在。数年単位で移籍することが当たり前のサッカー界において、10年以上も同一クラブでプレーする選手は貴重な存在となっている。

 そこで今回は、欧州4大リーグで在籍年数が最も長い選手、上位10名を紹介する。

*<>内は在籍年数
*下部組織出身選手については、トップチームでデビューを飾ったシーズン、またはトップチーム昇格を果たしたシーズンを在籍1年目としてカウント。在籍年数はレンタル移籍期間も含むこととする。

■リオネル・メッシ<16年目>

所属クラブ:バルセロナ
生年月日:1987年6月24日(32歳)
国籍:アルゼンチン

欧州4大リーグの中で、同一クラブでの在籍年数が最も長いのがメッシだ。2004年10月、当時17歳でトップチームデビューを飾ると、リーガ・エスパニョーラ優勝を10度達成。さらに通算8回のリーグ得点王に輝き、バルセロナの歴代最多得点者となっている。今シーズン中には、元スペイン代表MFシャビ・エルナンデス氏に次いで史上2人目となる、バルセロナでの公式戦700試合出場を達成する見込みだ。

■マーク・ノーブル<16年目>

所属クラブ:ウェストハム
生年月日:1987年5月8日(32歳)
国籍:イングランド

メッシと並んで在籍16年目を迎えるのが、ウェストハムのMFノーブルである。同クラブのアカデミー出身で、2004年8月の国内カップ戦でトップチームデビューを果たした。短期のレンタル移籍を2度経験した以外はウェストハム一筋で過ごし、これまでに公式戦450試合以上に出場。闘志溢れるプレーでチームをけん引する、頼れるキャプテンだ。

■ジョルジョ・キエッリーニ<15年目>

所属クラブ:ユヴェントス
生年月日:1984年8月14日(35歳)
国籍:イタリア

2005年夏のユヴェントス加入以降、守備の要としてチームを支え、セリエA8連覇に貢献。GKジャンルイジ・ブッフォンと共に、2006-07シーズンのセリエB時代を知る貴重な存在でもある。在籍15年目を迎える今シーズンは開幕直後に右ひざの前十字じん帯を断裂し、長期離脱が決定。悲願のチャンピオンズリーグ(CL)制覇を狙うユヴェントスとしては、1日でも早い復帰を願っていることだろう。

1/3ページ

最終更新:9/24(火) 12:19
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事