ここから本文です

マツコ「引退準備」の仰天情報 “元スマ叩き”から悪い流れに

9/25(水) 11:00配信

東スポWeb

 人気タレントとしてテレビでその姿を見ない日はないというほど、相変わらずの売れっ子ぶりのマツコ・デラックスに、超ド級の仰天情報が浮上した。なんと、本気で芸能界引退を考えているというのだ。きっかけはマツコの毒舌を鈍らせることになってしまった「NHKから国民を守る党」(N国党)とのあのバトルだが、原因はほかにもあるようで――。

【写真】美人彼女と手をつなぎ靖国神社を参拝する立花孝志議員

「なんでも最近は、1人でテレビを見られないそうなんです。万が一、ザッピングをしてN国党党首の立花孝志議員の顔を見てしまうと、パニック状態に陥ってしまうからだそうです。顔を見るのも嫌だ、っていう気持ちは分からなくはないですが…」(ある制作会社の関係者)

 だが、マツコが落ち込んでいるのはN国党とのバトルだけではない。最近、マツコ人気に明らかにカゲリが見え始めていることも原因だという。

「以前はマツコに対しSNSなどでバッシングが起きることはまずあり得なかった。風向きが変わったのは、週刊文春が掲載した元SMAPの稲垣吾郎に対する発言から。『だってテレビは使いたくないんだもん。SMAPだから使われていたわけ…。SMAPじゃなくなった3人に魅力を感じますか。SMAPにいたからこそチヤホヤされていた』などと言いたい放題、毒舌をぶっ放したんです。それがどうやら引き金になったみたい」(テレビ関係者)

 この発言により、当然マツコは元SMAPファンから猛バッシングを受けることになったのは記憶に新しい。
「マツコは、文春の報道は『歪曲された』ものだと主張したけれど、もう後の祭りです。あの一件以来、明らかにミソがついてしまったことは間違いないでしょう」(同テレビ関係者)

 さらに、その悪い流れはマツコ最大の稼ぎ場といえるCMにも影響を及ぼしそうだ。

「マツコのCMのギャラは1本最低2000万円からといわれています。現在、ナショナルクライアントが10社以上もあるので、CMだけで年収は軽く2億円は超えている計算です。ところが、最近マツコがMCの番組視聴率が軒並み下がっているんですよ。クライアントは視聴率に敏感です。イメージも悪化しているとなれば、減ってくるのは当然でしょう。来年の今ごろには半減どころか最悪3分の1になっているかもしれません」(芸能プロ関係者)

 自身の番組の視聴率が下がり、CMクライアントからの求心力も低下すればメディア露出もどんどん少なくなっていく。いわば、“マツコ全盛時代”が終わりを迎えているというわけだ。

 こんな状況を察したマツコは、いよいよ引退を考えているという。

「確かにN国党との一件以来、得意の毒舌にキレがなくなった。自信がなくなっているんでしょう。最近は貯金でアパートを購入して、余生は海の見えるマンションで1人で果てたい、なんて弱音を吐いているようです。まあ、親友の有働由美子がそのたびにカツを入れて励ましているようですが…」(事情通)

 元SMAPの3人は、このところテレビ出演の機会が増えている。公正取引委員会が、3人を出演させないようにテレビ局に圧力をかけた疑いがあるとしてジャニーズ事務所を注意した影響が出ていることは明白だ。そうなると、マツコの発言を思い出すファンも少なくないはずで、この逆風は当分続くことになるだろう。

 果たしてマツコはタレントとして再び復活することができるのか? それとも本当に引退してしまうのか。

最終更新:9/25(水) 11:42
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事