ここから本文です

“出しゃばり”松岡茉優に共演者困惑 佐藤健&鈴木亮平らイジり「汚い」「『西郷どん』はどこいった!」

9/25(水) 19:33配信

オリコン

 俳優の佐藤健(30)、鈴木亮平(36)、松岡茉優(24)、佐々木蔵之介(51)、音尾琢真(43)、白石和彌監督(44)が25日、都内で行われた映画『ひとよ(一夜)』ジャパンプレミア試写会に登場。司会者の仕事を奪うほど佐藤や鈴木らに質問攻め&ボケを連発した松岡の姿に、共演者は困惑し「仕事を取るんじゃない!」「しゃしゃるな!」と注意をしていた。

【動画】登壇キャストをイジって会場を盛り上げた松岡茉優

 原作は『鶴屋南北戯曲賞』『読売文学賞戯曲・シナリオ賞』などを受賞した劇作家・桑原裕子氏が率いる“劇団KAKUTA”の同名の代表舞台作品。15年前、ある家族に事件が起こり、母と子どもたち3兄妹の運命が狂ってしまい別の人生を歩み、再会を果たし、葛藤と戸惑いの中、崩壊した絆を取り戻そうともがき続ける物語。

 佐藤が演じるのは、15年前の事件に縛られ、家族と距離を置き、東京でフリーライターとして働く次男・稲村雄二。家庭を持つが夫婦関係に悩み、人とのコミュニケーションに苦手意識を持つ長男・大樹を鈴木、事件の影響で、美容師への夢を諦め、スナックで働きながら生計をたてる妹の園子を松岡が演じるなど、佐藤、鈴木、松岡は三兄妹として登場する。

 司会者から「白石監督作品に三兄妹として出演してみての感想」を聞かれると、松岡は「だんご? 3兄弟と言えば『だんご3兄弟』ですし、初めて買ったCDも『だんご3兄弟』なので」とボケ。ゆるい空気になったのを見かねた主演の佐藤は「どの現場よりも力が抜けたと思います。他力本願スタイルで準備もほとんどしていないですね。それができたのは白石組だからです」と振り返り「白石作品に出演することになったら、『こういう役作りをしよう』と勝手に想定していました。このお話をいただけたのは、それくらい念願叶ってのお仕事でした」と告白。

 想定していた役は「今よりも身体の線を太くして、体内を汚して挑もうと…」と明かすと、松岡は「この映画の佐藤さんは汚いですよ! びっくりするくらい汚い。こんなにきれいな顔をしているのに!」とイジられる一幕が。これに佐藤は「あんまり言うな! 傷つくだろ! 自分で言うのはいいけど、女性から言われると悲しくなる」と嘆いていた。

 一方、鈴木は珍しく劇中で頼りない男を演じため「僕は活発な役が多かったりするので、こういう内向的な役をやらせていただき感謝しています」と話すと、再び松岡が「今まで見たことのない佐藤健さん、そして今まで見たことのない頼りない鈴木亮平さん。『西郷どん』はどこいった!という」とイジリながら見どころをアピール。司会者顔負けの映画PRに音尾から「仕事を取るんじゃない!」「しゃしゃるな!」と注意を受けると、松岡は「すみません、出しゃばり…」とドヤ顔していた。

最終更新:9/27(金) 7:55
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事