ここから本文です

ある男性の告白。「年収1000万円。余裕で家族を養うことができると思っていた…」生活が苦しいのはなぜ?

9/25(水) 19:15配信

LIMO

某有名企業に勤務するIさん。彼は、多くのサラリーマンが憧れる、いわゆる年収1000万円プレーヤーです。しかし、親友と飲みに行った席で、酔ったIさんが、こんなことを言いだしました。

「結婚する前、これだけ稼ぎがあるなら、妻は専業主婦、子どもは幼稚園から大学までオール私立なんて生活が余裕でできると思っていた。だけど、実際に結婚して、子どもが生まれてみると、妻に事あるごとに『お金が足りない。生活が苦しい』みたいなことを言われるんだよね。子どもは今、小学生だけど公立。中学も高校も公立の予定」

「年収1000万円もあれば、さぞや贅沢な暮らしをしているのだろう」と思いがちですが、Iさんのような「生活が苦しい」1000万円プレーヤーは、意外にたくさん存在するようです。これはいったいなぜなのでしょうか。

年収1000万円の手取り額は?

国税庁が2018年9月に公表した「民間給与実態調査」によると、1年を通じて勤務した給与所得者の4945万人のなかで1000万円以上の年間給与所得額を得ているのは、約200万人という結果でした。割合にすると、給与所得者のうち4%ほどが年収1000万円以上となります。

とはいえ、年収1000万円の人が丸々その金額を手にしているわけではありません。日本の税制は累積課税制度を採用しており、高年収であるほど、税金や社会保険料も大きくアップするという仕組みです。

年収1000万円の場合、手取りベースにすると、だいたい700万円ほどといわれています。

年収1000万円世帯の貯蓄額は?

続いて、年収1000万円世帯の貯蓄状況もチェックしておきましょう。総務省統計局が2019年7月30日に公表した「家計調査 貯蓄・負債編・二人以上の世帯(2019年(平成31年)1~3月期平均結果)」をもとに見ていきます。

この調査の結果、2人以上世帯の1世帯当たり貯蓄現在高(平均値)は1,755万円でした。そして、年収ごとの貯蓄額は以下の通りです。

年収1,000万円 ~ 1,250万円 世帯…2,389万円以上
年収1,250万円 ~ 1,500万円 世帯…2,769万円
年収1,500万円 ~ 世帯…4,759万円以上

(「貯蓄額」には預貯金だけではなく有価証券(株式、債券、投資信託など)、積立型の生命保険・個人年金なども含む)

金融広報中央委員会(知るぽると)の「平成30年(2018年)家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]」によると、「預貯金や有価証券、保険などの金融商品をいずれも保有していない世帯」は全体の1.6%となっています。年間収入1000万円以上の世帯においては0%です。

しかし、「金融資産なし世帯」を「預貯金以外の金融商品や、預貯金があってもそのうち運用または将来の備えを保有していない世帯」と定義した場合は、様相が変わってきます。

年間収入1000~1200万円未満の2人以上世帯のうち、金融資産を持たない世帯は7.3%、また1200万円以上の世帯においては3.8%存在するようです。「年収が高くなったから」と生活水準も上げてしまい、結果それがアダとなって貯蓄が難しくなるというケースも珍しくないのでしょう。

1/2ページ

最終更新:9/27(金) 10:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事