ここから本文です

知財活用方策探る 原町のロボテスフィールド視察

9/26(木) 8:06配信

福島民報

 特許庁の知的財産(知財)活用推進事業「福島知財活用プロジェクト アイデア・技術をビジネスにつなげよう!」の今年度第一弾のセミナーは二十五日、南相馬市原町区のロボット研究開発拠点「福島ロボットテストフィールド」で開かれた。

 「浜通り×ロボット産業」をテーマにした講演やパネルディスカッションが催され、参加者が特許や商標などの知財を実務で生かす方法などを学んだ。

 セミナーに先立ち施設見学会が開かれた。フィールドを運営する福島イノベーション・コースト構想推進機構の担当者が三十日に開所する研究棟の設備、既に供用を開始している試験用プラントや通信棟の機能などを説明した。

最終更新:9/26(木) 8:06
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事