ここから本文です

米国では120万人の子供がピーナツアレルギー 治療薬の認可に期待

9/26(木) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

【ニューヨークからお届けします】

 アメリカで120万人の子供たちが抱えているといわれる「ピーナツアレルギー」を治療する薬が発売間近と報道され、大きな話題になっています。

 ピーナツアレルギーは、最初は湿疹程度の軽い症状でも、次には呼吸困難という重い症状を引き起こすため、食物アレルギーの中でも特に恐れられています。しかし決め手となる治療法はなく、ピーナツアレルギーと診断された患者には、呼吸困難などになった時に足に注射する「エピペン」というアドレナリン薬が処方されるにとどまっています。

 アメリカではピーナツアレルギーで亡くなる子供は1年に4人程度ですが、それでも親たちのピーナツへの警戒は強まる一方で、ある学校のカフェテリアからピーナツが消えたり、公共の場所へのピーナツの持ち込みを禁止しようという動きもあると伝えられています。しかし、専門家は「ピーナツをまったく食べなければ免疫ができず、より激しいアレルギー症状を引き起こす恐れもある」としています。

 そこで今、販売認可を待っているのが、史上初のピーナツアレルギー治療薬「パルフォルジア」です。といっても、アレルギーを完全に治癒できるわけではなく、アレルギー症状を緩和するのが目的の「経口免疫治療薬」です。

 アレルギー患者に少量のピーナツタンパク質を6カ月間にわたり与え、最終的にはピーナツ2粒をアレルギー反応なしに食べられるようになるのが目標です。しかし免疫療法だけにリスクもあり、臨床実験では5人に1人に副作用が出て、14%の対象者には重いアレルギー症状があったと報告されています。

 パルフォルジアは今回、発売決定に大きな影響を与える食品医薬品局の有識者会議で推奨されました。つまり、ほぼ発売決定にこぎ着けたといえます。一方でリスクの高さに懸念を示す有識者もいたということで、今後の動きが注目されています。

(シェリー めぐみ/ジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター)

最終更新:9/26(木) 9:26
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事