ここから本文です

超微小量センシングデバイスの信頼性評価技術の開発着手

9/26(木) 8:10配信

MONOist

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2019年9月10日、未来社会「Society 5.0」の構築に貢献する超微小量センシングデバイスに関して、信頼性評価技術の開発に着手したと発表した。わずかな血中成分やウイルス、地盤振動などを検出するデバイスの信頼性向上を加速し、超微小量センシングデバイスの早期の社会実装を目指す。事業期間は2019~2023年度だ。

 超微小量センシングとは、極めてわずかな圧力や濃度などの測定量を「見える化」する技術のこと。ただし、検出素子に到達して反応する超微小な情報を、測定環境やデバイス内のノイズの影響を受けずに計測し、応答するデバイスの信頼性を評価することは難しい。

 NEDOは、既にナノテクノロジーやバイオテクノロジーを中心に、超微小量センシングに関する4つの研究テーマを採択し、デバイスの開発に取り組んでいる。今回、評価システムの構築や標準物質の開発など、デバイスの信頼性評価技術開発に着手した。

 デバイスと信頼性評価技術の開発を同時に進めることで、仮想空間と現実空間をセンシング技術で融合させるSociety 5.0を早期に確立し、生活習慣病の予兆検知やウイルス感染の拡大防止、防災、減災による安全、安心な街づくりに貢献する新たなサービスの創出を目指す。

MONOist

最終更新:9/26(木) 8:10
MONOist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事