ここから本文です

「養子の娘は、9歳じゃなく22歳」 育児放棄事件の被告が主張。「リアル“エスター”だ」と驚愕の声

9/26(木) 19:15配信

ハフポスト日本版

「娘は9歳ではなく22歳だった」

アメリカで起きた育児放棄事件をめぐって、被告である母親が衝撃の主張を展開している。(浜田理央 / ハフポスト日本版)

養子に迎え入れた娘について、実は子どもではなく「小人症」の成人女性で、「家族を殺そうとした」と訴えている。

ホラー映画「エスター」を彷彿させる内容に、「リアルエスターだ」という声が相次いでいる。この作品は、悪行を繰り返す養子に迎えた9歳の少女が、実は発育不全の成人女性だったことが判明する。

テレグラフ紙やDaily mailなどが報じている事件の概要は、次の通りだ。

「本当の被害者は自分たちだ」

事件では、アメリカ人の元夫婦が娘を育児放棄した罪に問われ、現在裁判が開かれている。

アメリカ人の元夫婦が2010年、ウクライナ生まれの女の子を養子に迎え入れた。娘は極端に背が低くなる「小人症」で、身長は90センチほどしかなく、歩くのが困難だったという。

Daily mailによると、生活を始めると、少女とは思えない行動や体の特徴に驚かされた。メンタルヘルスの専門家に診てもらったところ、娘は成人女性であると告げられたという。

テレグラフ紙によると、夫婦は2012年、娘の誕生日を1989年9月4日に変え、法的な年齢を子どもから20代に変更する手続きをした。

Fox newsによると、年齢よりも若く見えると周囲の人に説明するよう、娘に対して伝えていたという。

2013年に娘を住んでいたアパートメントに置き去りにしたまま、夫婦はカナダに移住し、連絡を絶った。その後、育児放棄したなどとして逮捕、起訴された。

テレグラフ紙によると、事件当時の娘の年齢について、裁判資料は9歳と記されているのに対して、母親はあくまでも「22歳だった」と訴えているという。

Daily mailによると、母親のかかりつけ医は2012年に書いた手紙の中で、「2003年生まれ」という娘の誕生日について「明らかに不正確で、少女のふりをしている」と訴えていた。

母親はさらに、娘から寝ている最中に刺されそうになったり、コーヒーに漂白剤を入れられたりしたとして「本当の被害者は自分たちだ」と訴えている。

浜田理央 / ハフポスト日本版

最終更新:9/26(木) 19:25
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事