ここから本文です

「スピードと才能を兼備」「センセーショナル」 マジョルカ地元紙が久保建英を称賛!

9/26(木) 11:39配信

SOCCER KING

 リーガ・エスパニョーラ第6節が25日に行われ、日本代表MF久保建英が所属するマジョルカはアトレティコ・マドリードに0-2で敗れた。

 久保はこの試合で、移籍後初先発出場を果たした。アトレティコが主導権を握ったこともあり、特に前半は目立った活躍ができなかったが、後半になると決定的なチャンスをつかむ。47分には味方のパスをエリア右で受けると、右足でダイレクトシュートを放つ。ボールは右ポストを直撃し、相手GKの体に当たって跳ね返ったこぼれ球が再びポストに当たった。49分には相手GKのキックミスを拾い、得意の左足を振り抜いてシュート。70分には右サイドから良質なクロスを送り、アブドン・プラッツの決定機を演出するなど、随所で素晴らしいプレーを披露した。

 地元紙『Diario de Mallorca』は、アトレティコ戦の久保の出来を次のように総括した。

「試合後、ビセンテ・モレノ監督は『記者会見のたびに、久保について話さなければならないことにうんざりしている』とコメントした。だが、このアトレティコ戦においては、彼がそう嘆きたくなるのも仕方がない。なぜならば、久保はマジョルカで最も目立った選手だったからだ」

「前半はマジョルカの出来が悪く、久保もほとんど試合から消えていた。だが、後半開始直後、久保は決定的なチャンスを手にした。スピードと才能を兼ね備えたセンセーショナルなアクションで、日本人はゴールに近づいた。彼のシュートはポストに当たり、ヤン・オブラクに触れたボールは再びポストをかすめた。彼が試合に介入するたびに、『何かが起こる』という他のチームメイトとは異なる期待感があった」

 次節、マジョルカはアウェイでアラベスと対戦する。久保のさらなる活躍、そして初ゴールに期待がかかる。

SOCCER KING

最終更新:9/26(木) 11:39
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事